これまでは、一度にいかに人を多く集めるとか、いかに長くそこにいてもらうかというような工夫でもって、イベントや商業施設の集客を考えていたかと思います。

野球のドーム球場やサッカーの大規模なスタジアムなど、ある意味では大きければ大きいだけ良いというような発想が強かったように思います。

確かに、テレビ中継があるとしても、単純に見るだけの人が多くいるだけよりも、そういう場所に足を運んで、グッズや飲食を手に入れてもらう方が、大きなお金が動くというのがあります。

音楽のコンサートでも同様で、一回のステージでより多くの人が観る方が、同じ一回をやるにしてもインパクトが異なってきます。

それが今では、そういう傾向や風潮に歯止めがかけられ、リアルな場でどうこうするだけでなく、オンライン配信、通信販売などの、周辺での工夫で乗り切ろうというようになっています。

今は、あくまで短期的なやり方かもしれないですが、どうにかこうにか乗り切っていくしかなく、持久戦でありながら瞬発力も必要なことになっています。

個人的にも、以前であれば近場〜東京などに出向いて、ライブ会場や美術館などを巡っていましたが、それをしない方を選択するばかりになりました。

今の気分がそうであるということもありますが、いくらか慎重に考えるのであれば、もう2〜3年様子を見ながら、そこで生活スタイルを随時見直していくのが良いなと考えています。

時折、「元の通りに戻るには、どれくらい時間がかかるでしょう」という物言いがありますが、以前と今後ではそのまま地続きであるはずがなく、そこはしっかり区切りを入れて考えるのが良いように思います。

元に戻るとか、以前と同じようにするというのではなく、今は今の状況を織り込んで、それで考えていく必要があります。

もちろん、ただ手をこまねいているだけでもいけませんし、ひいきのお店の存続に関わる場合もあるので、入念な注意を払いながら、どこそこへ行くとか、どこそこのサービスを受けるということをしていけると良い気がします。

どこにお金を落とすのかは、個人の裁量であって、必ずしも以前のようでなければいけないわけでもないし、必ずしも新しいところにしなければいけないということでもなく、それとなく柔軟にやっていくに限ります。

今は今の乗り越え方、楽しみ方をしながら、どうにか今後への希望を抱けると良いものです☆

 

*シェアはこちらから*