手持ちのものが十分にあるということも関係しているでしょうが、出かける機会、それもかしこまって遠出をする機会がほとんどないために、新しく服を手に入れるということが少なくなっています。

そのために、今あるものを着まわしているし、それも着やすいもの、手入れしやすいものを優先しているところがあります。

それはそれで、モノを大切にしているということで良いと思いますが、適度な入れ替えも追加もないままでは、気持ちの上での変化も少ないために、このままで良いのかとも思ってしまうものです。

見た目やカタチから入るということも一方では大切なことで、身なりを整えることで、行く場所や会う人が異なり、それがまた、新しい何かをもたらすということも考えられるわけです。

そうなると、何を着るのかということは、体温の保持や肌の保護ということ以外にも、(社会的な)意味があるということになります。

言い換えれば、ただそのあたりにある服を着るのみにあらず、しっかりと着こなすことで良い気分になり、思わず出かけたくなって、さらには、誰かに会いたくなるというループができあがっていくことでしょう。

このような、好ましい循環になることによって、生活自体に潤いや彩りが増していくでしょうし、それがより加速していくとも考えられます。

いつもお腹周りにゴムの入ったズボンを履いているようでは、次第にその大きさが増していくように、ただ楽に着れるだけの服では、気持ちの上でも、体型の上でも緩みが生じてしまうはずです。

そこには、それとはなく緊張感が必要で、上手に自分の味方にすることができたなら、節制することも決して辞さないというか、前向きに運動することを選んでいきそうです。

心身ともに引き締まることで、また一段とオシャレな服をオシャレに着こなすことができて云々と、先には良いことの多くが待っているような気がします。

今の気分に合わせたり、今後どうしていきたいかに照らし合わせてみたり、何をどう着るかによって、自分自身がどうなっていくのかを見ていくと良いように思います。

自分でもいろいろと試しながら、多くの人に会ったり、視野に入れていくことで、大いに参考となることでしょう。

こういうことも念頭に入れながら、今は何を着るのが正解なのかなと思って、着る服のことを考えてみると、きっと多くの発見があるはずです☆

 

*シェアはこちらから*