一緒にいて居心地の良い人とそうでない人がいるとして、率直な感想としては、やはり居心地の良い人と多くの時間を過ごしたいものです。

それは脱力するとか怠けるということでなくて、安心や信頼を寄せることができるから、のびのびと行動や発想ができるということにつながってくるだろうという発想です。

何かに取り組む時に、目の前のことに集中すべきなのに、相手の振る舞いが気になるとか癪に障るようなことがあると、当然気は散ってしまうものです。

そういうものは極力ないようにして、さてと腕まくりをして取り掛かっていきたいものです。

また、人との距離の取り方が、その人との心的距離を表すような発想があって、親しみを覚えるとより近くに寄り添うようになっていくものです。

近いとそれだけ親密ということなのですが、近すぎるがゆえにより相手のことが見えることがあります。

たとえば、尋常ならざるほどに好きな人がいたら、その好きであるがために、妙な遠慮が働いてしまうこともあります。

しかし、そういう人と積極的に関わっていくことで、単純に自分が嬉しいというのもありますが、この人・この人たちのためにと思うと、土壇場での踏ん張りが効くし、より良い仕事をしようとも思うものです。

これは普段の生活においても同様で、自分の周囲が自分の好む人の多くいる状況を考えると、それだけで気持ちが良いし、お互いに喜ばし合えるように至極朗らかな雰囲気となることでしょう。

あえて自分から近づける/遠ざけるようなことはしなくても、こういうものは流れに任せるようなものではないでしょうか。

自分においても行きつ戻りつ、あちらこちらと動き回っているものですから、その途中で誰かと関わることもあるでしょうし、またいつしか離れていくということもあるでしょう。

親密になれば嬉しいし、そうでなければそれまでのこと、一喜一憂することなく喜びの方を見出すようにしていくのが良いでしょう。

あるいは、これも無理をしてどうこうということではないけれど、自分が好む人たちに相通ずるものを見つけ、普段の自分に取り入れてみるのが良いでしょう。

自分の自然とにじみ出るところに、多くの人に好まれるものを重ね合わせたら、きっとあなたの魅力は何倍にもふくれ上がることでしょう☆

 

 

*シェアはこちらから*