「来る者拒まず、去る者は・・・」

 

物事は、時間とともに流れていくものですが、

目の前を通り過ぎたり、脳裏をかすめたり、

思い浮かぶことの多くは、浮かんでは消えていくものです。

 

そのひとつひとつを取り上げて、

「はかない」と言ってしまえば、

途端に寂しい気持ちにもなりますが、

今、その時にしか感じることができない、

そういうものも多くあるような気がします。

 

そして、重要かそうでないかで切り分けて、

多くは忘れ去っていくのだとしても、

その発想の仕方自体は持っていても良いような気がします。

 

このところ、考えているひとつに、

たとえば、目で見て、耳で聞くように、

いろいろなことを知っていくうちに、

果たして、頭の中ではどうとらえているかは、

人によってそれぞれ異なるように、

もしかしたら、自分の中でも切り替えられのではないか、

そうすれば、また異なったようにとらえられるのではないか、

そういう仮説めいたものが浮上してきています。

 

発想の仕方、思考の仕方など言い方はいくつかあれど、

頭の使い方として、きわめて論理的に処理するのか、

感覚的に処理していくのかが大きくあるような気がします。

 

いつも論理的に処理する場合では、

理屈の筋道がスーッと通っていて、

何の矛盾も破綻もないのが理想ではあるでしょう。

 

それは、ある意味では言葉でもって説明できるもので、

逆に、感覚的に処理するような場合では、

何となくの景色や映像のようなものはあるかもしれませんが、

すべてを言葉ですくい取ることはできないかもしれません。

 

そのどちらが良いというものではなくて、

これにもっと瞬間的のようにも思う直観をも加えれば、

それぞれをギアを切り替えるようにして、

ひとつひとつに対応していくのが良さそうに思います。

 

目に見えるものばかりが正解とも言えないし、

気持ちばかり胸中にあるばかりでなく、

外に向かって示すことも必要でしょうし、

いくつもの組み合わせがあるということを念頭に置きつつ、

自分の中で、切り替えられると良い気がします。

 

自分の中での切り替えと、多く見知っていくことの豊富さと、

双方の組み合わせの多様さがあるほどに、

発想や思考はどんどん広がっていくように思います。

 

このあたりは、先日も似たようなことを書き記していますが、

結局、今の関心がそこに寄っているというだけであって、

そこにどれくらいの発想が集まっているかだけなのです☆

 

 

*シェアはこちらから*