今時は、「茶をしばく」と言うのでしょうか、

それとも、俗語のひとつとしてあるのでしょうか、

詳細については、わかりかねるところが多いものです。

 

結局は、喫茶店・カフェで「お茶をする」ことなのですが、

お茶を一緒に飲むことだけでなく、会話を楽しむためでもあって、

お茶自体は、コーヒーに代替されることの多い今日この頃でしょう。

 

竹馬の友のような人と久闊を叙するのみならず、

街行くステキな女性に、ふと声をかけて、

親密になろうとする場合にも用いられるものですが、

そうして、何をどう話していくかによって、

心の距離が縮まることが好ましく思います。

 

ここで、大切というか、至極当然のことなのですが、

会話の内容がどう繰り広げられるかの方が、

どれだけの時間を話したかよりも比べるまでもなく重要で、

長い時間をかけたから最高というものではないのです。

 

これは、自分自身の体験でもわかることですが、

たとえば二人か三人くらいで会話をしている時に、

話題は尽きないし、ポンポン弾むように会話が続くのなら、

結果として、長い時間が経っていたということはあります。

 

逆に、まるでお仕着せの一問一答方式かのように、

「〜ですか?」、「はい、そうです」のように、

味気ない会話ばかりが続くようでは、

結局、お互いにわかることはほとんどないような気がします。

 

最近、自分自身の意識している「意識の階梯」において、

その人の真ん中にあるような考えや、大切にしている思いまで、

自分が話したいか、相手が知りたがっているか、

あるいは、その両方かで会話の内容が繰り広げられない限り、

決してお互いの(心の)距離は縮まらないような気がします。

 

そういう、人ひとりの成り立ちのような、土台の部分なくして、

どうして、その人の本質を知ることができるのだろうか、

少なくとも知りたいと興味を持つ人がいるのなら、

そこまで聞き知りたいなという思いは日増しに強くなっています。

 

心の奥底からの、その人となりを知るためには、

じっくりと会話の内容を掘り下げていく必要はあって、

数時間〜のような根気強さが求められるかもしれません。

 

自分自身の心の動きで、何をどう話したら、

あるいは、何をどう話したいのかがあるのかで、

その人への信用度合いを推し量る事柄はありますが、

それはここで明かす内容ではないので、それはまた別の話になります☆

 

 

*シェアはこちらから*