以前、何かの本か何かで目にしたのですが、

維新と革命とでは、だいたい同じようなことだけれど、

言葉の定義としては異なるとありました。

 

確かに、世の中が変わるということでは、

だいたい同じように考えるどころか、

同じものとして考えているかもしれず、

しっかりと把握しておくことが大切だなと思いました。

 

しかし、いろいろな人の言説を見ていくにつれて、

それぞれの見解があるために、何が維新で何が革命なのか、

一定の合意が取れていないようにも思いました。

 

"維新"ということでは、19世紀末の明治維新が思い浮かびますが、

これは、決して革命(Revolution)ではなくて、

復古(Restoration)だという意味合いが強いようです。

 

だからと言って、オセロが白から黒へ変わるような、

見てすぐにわかるようなものでなく、

多くの人の思惑や意図も絡み合っているでしょうし、

制度や仕組み、あるいは外交のようなものまで含めると、

相当に複雑な要因の上で、成立していることがわかるものです。

 

そこでは、国体のような、少し抽象的なものまで含んでいるんので、

定義としてこうであると、決して断定はしにくいものだけれど、

およそでも、どういうものであったのかを考えることは、

物事の整理をする意味でも、大切なことのように思います。

 

維新とは対をなすように思う"革命"を考えてみると、

18世紀のフランス革命が思い浮かびやすいように思いますが、

これは、それまでの王政から市民が中心となるようになっています。

 

ここで、維新と革命の違いを、感覚的にとらえてみると、

維新では、容器は同じだけれども、

中身がお茶からジュースに変わる感じで、

革命は、容器もビンからペットボトルに変わり、

中身も、お茶から牛乳に変わっている感じかなと思います。

 

この容器や中身は、あくまで「たとえ」なので、

比較ができれば、別に何でも良いような気はしますが、

話の要点としては、国を治めるための大きな仕組み・制度は、

維新では、その前後で根本的に変わっているものではないけれど、

革命では、丸ごと変わっているようなものなります。

 

これは、国としてどういう枠組みなのかの、

土台となる"国体"が前後で変わっているかどうかで、

置き換えらるもののような気がします。

 

そして、具体的なところでの生活や政治の進め方は、

国体の変化に関わらず、どちらも変化していると考えられます。

 

詳細に吟味しながら議論してみれば、

とことん追求は尽きないでしょうが、

これをひとつのきっかけとしていきたいものです☆

 

 

*シェアはこちらから*