自分の好きな発想(たくさんあるうちの)のひとつに、

「何を知りたいのかはわからないけれど、

新しい何かを知る必要がある」ということがあって、

これは、人との出会いにおいてもそうなのかなと思っています。

 

特定の誰に会いたいというのがあれば話は別ですが、

誰に会えば良いかはわからないけれど、

とにかく新しい誰かに会うことによって、

自分の求めるものがわかるということがあります。

 

そして、その自分の求めること自体、

特定の何だということがわからないにも関わらず、

何かを求めていることが往々にしてあるものです。

 

そういう場合には、誰から何を知りたいかのかを、

事前に明確にすることも必要かもしれませんが、

"知りたい"気持ちひとつで、行動に移しながら、

人に接していくのが、わかる近道とも考えられます。

 

そして、その会いたい人に会って、知りたいことを知って、

そうして、事後的に自分の求めていたことは、

そういうことだったのかとわかることがありますし、

自分自身、そういう経験が何度かあります。

 

最近でも、分野とか領域のようなものでの、

知りたい方向はそれなりにあるものの、

結局、何を知ることができたら満足するのかは、

明確にはわからないまま、調べを進めるにつれて、

自分の知りたいことはこれだったのかと、

ある意味、想像以上に求めていたものに巡り会い、

ひとり快哉を叫ぶような気持ちになりました。

 

この場合は、どちらかというと知的な好奇心にもとづく、

知的な欲求のままに、調べを進めていたのですが、

それでも、自分の内面的な変化を求めていたり、

改善を試みたりするような時に感じる直観は、

きっとそのまま信じるのが良いように思いました。

 

それはまた"心の声"とも言い換えられそうですが、

素直なままに従っていくことで、

思いもかけない出会いや導きに遭遇することでしょう。

 

最初からこの道を選び、突き進んでいくことだけでなく、

行きつ戻りつ、寄り道もしながらでも、

それでも、前に進みながら、この道あの道と試してみると、

不意に、行きたい方向がわかって、視界が開けるのかもしれません。

 

おそらく、じっとしているばかりでは、

良くも悪くも何も、自分の身には起こらないことになるので、

ここは基本に戻って、①会いたい人に会うことにはじまり

②行きたいところに行く、そして、③やりたいことをやるうちに、

新たな何かを見出すことができるように思います☆

 

 

*シェアはこちらから*