これは、おそらく何でもそうなんでしょうが、

終わりが目前に見えるあたりが、

どうにも踏ん張り時なのだなと思います。

 

ランニングをしていて、次はあの電柱、

次はあの角まで走って距離を伸ばしていって、

それで、定めたところまで走りきるような感覚です。

 

足が痛い、それでも走る?走りたい、でも足が痛い、

そんな葛藤を、内心では繰り広げるようにして、

力の限り、ひとまずは年内を走り抜ける、

それがこの時期に課せられた使命のようなもので、

"あと一歩、あと一歩"と自らを奮い立たせるものです。

 

書くこと自体、ほとんど厭うことはないのですが、

決めたことを決められたようにやっていく途中では、

どうしても自発的ではなく義務のようにも思い、

誰に頼まれたわけでもないのに、

うっかり力が尽きそうにもなるものです。

 

なので、年内で一旦終了なわけですね。

 

そして、それなりの分量を数えるようになってくると、

結局、興味の有無やその強弱のようなところも、

知ってか知らずか明らかになってくるもので、

時期によって、とらえる確度が異なっていたり、

異なるとらえ方で、同じことを語っていたりするもので、

全部をくまなく網羅するようなことはできないわけです。

 

急に、ここで「マリー・アントワネットに見るホニャララ」みたいに、

フランンスのある時代の、服装や時代について語ろうとしても、

それほど必然であるようには思わないのです。

 

興味がないわけではありませんが、

何かひとまとめにしようとするほどの興味はないので、

そこまで意気込むことができないだけのことです。

 

それでも、何かを書き記していれば書く内容を見出し、

書いていればまた次の展開が見えてくるので広げていき、

それがある程度積み重なってくれば、

自分で見返してみても、何か感じることがあるわけです。

 

本当に突き詰めて考えれば、言いたいことであったり、

主張しておきたいようなことだったりは、

ひとつかふたつくらいに集約されるので、

あとは手を替え、品を替えてやっていく程度かなと思います。

 

あとは、だいたい思うことの多くはここにあるのだから、

いくらか目を通して見るのが良いと、

今後は、それをお知らせする段階になるのかもしれません。

 

そうして、何かしら有益なものが誰かに届くようにと、

思いを込めて、カタカタと文字を打っているのです☆

 

 

*シェアはこちらから*