人はひとりでは生きていくことができないのは、

ある意味、自明のことであって、

これに異論を唱える人はほとんどいないように思います。

 

先人たちからバトンを引き継ぐようにして今に生きているし、

今を生きている人同士で関わって、お互いに助け合って、

どうにか日々を毎日生きていることと思います。

 

そうして、大切に思うとか感謝を捧げるとか、

人によっての思い方は、グラデーションのようにあるものですが、

実際に面と向かっている時間は、相手のことを思っているし、

たとえそうでない時であっても、

真っ先に思い浮かべる人の、きっとひとりやふたりは、

誰にでもいるような気がします。

 

そうして、好意を覚える、好意的に思うような人もいれば、

毎朝起きて思い浮かべる、踏ん張り時に顔が浮かんでくるように、

誰かの存在が、自分の取り組みや課題に対して、

大きな勇気づけとなることもあるでしょう。

 

そのように思う時にはまた、未知なる力も湧いてくるでしょうし、

心に思う強さも、一層増していくように思います。

 

実際に会っていようがいまいが、一緒にいようがいまいが、

あるいは、過去の偉人のような今はいないような人であっても、

心に強く思い描く人は、自分にとっては"内面化"していて、

言葉を慎重に選びつつも、"偶像化"しているとも言えそうです。

 

自分なりのアイドル、アイコン、ヒーローなど言いようは違えど、

心の動きとしては似ているところが多いように思います。

 

今はまだ、的確に言い表せるような語彙や、

あるいは、それだけの表現を持っていないのですが、

おそらくは、宗教観のようなことを、

ここから説明することもできそうな気がします。

 

心に神様や仏様を抱くように、

あとは、それぞれの文化的な背景や文脈があって、

それに伴う物語も現れてくることでしょう。

 

恋に恋することも、こういう発想かなとも思い、

心で思う感情、頭で考える思考、

そして、実際の行動に移すことのうちで、

感情や思考の傾向が強いのが、

これに当てはまるように思います。

 

宗教に関しても、特定の宗教・宗派がどうというのでなく、

どういう成り立ちではじまって、多くに広まっているのか、

その根源的なメカニズムを知るのが、

それぞれの理解につながっていくような気がしてなりません。

 

誰を貶めるようなことでない限り、

思いつきや自由な発想は許されるべきですし、

てんで、的外れの恐れも同時にありますが、

ひとつの仮説としてとらえてもらえたら本望なのです☆

 

 

*シェアはこちらから*