普段は、いろいろな興味や関心を持っていることもありますが、

気にならないとか、気にしないようなことは、

無情とも言えるくらいに、何とも思わないものです。

 

実際にできているかは、時に検証してみる必要もありますが、

基本的な心がけとしては、そういうしているのはあります。

 

それ以上に、夢中になれるものを探しているのもありますし、

夢中になっているものは、とことん追求するようにも思うので、

だから、こうして書き記すことができているようにも思います。

 

最近(といっても、数ヶ月〜数年単位で)気になることはあって、

いつも頭のどこかしらで思っているから余計に気になって、

理解が深まったり、新たに知ったりするようなことが増えて、

より一層、そちらの方に引っ張られる傾向はあるものです。

 

個人的に、追求していることのいくつかもありますが、

これも、誰かと会話や行動を共にしたいというのが、

優先して、先にあるようなことではなく、

自分の好奇心が刺激されているだけなので、

それ以上でも以下でもないのかなという気がします。

 

もしも、誰かと仲良くなって、親密になるようでは、

また異なるアプローチと言いますか、

単純に趣味の内容が合うようなことではなく、

大仰に言ってみれば、「魂(タマスィー)」が合うかどうかと、

「ワンピース」の"ソウルキング"ブルックのような、

お互いに共鳴できるところがあるのかが大切なように思います。

 

だいたい、じっくり話をする=相手のことを深く知りたいならば、

立ち話もなんですからと、家に招いて、お茶を出して、

しっかり話す準備ができて、それで少し話せるかという具合で、

それに、何回もそういう機会を持つことで距離が縮まるような気がします。

 

そういう時には、話はこれでもかというくらいに長くなりますが、

実際は、内容がどうこうよりも会話がどれくらい続くのかが、

お互いの配慮・気配り次第になってくるでしょうから、

ある意味、"クダを巻く"とか声が枯れるようにして、

場合によっては、うんざりするくらいの徹底さがあっても良さそうです。

 

誰でも、同じように接して仲良くなっている人では、

かえって、深く話せるような人がいないことに悩んでみたり、

誰とでも話せるわけではないことに悩んでいても、

ひとりでも話せる人がいれば、それはありがたいと思えたり、

話す相手の人数や内容だけでは、わからないものだなと思います☆

 

 

*シェアはこちらから*