人は、どうしても多くの人との関わりの中で、

それこそ多くの影響を受けながら生きているものですが、

自分にとって大切なものを押し殺してまで、

どうして、順応しなければいけないのかとも思うものです。

 

最初からはみ出ることを想定しているのではなく、

重なる部分があれば、はみ出る部分も同じようにあるといった、

光と影、表と裏のように離れがたいもののような気がします。

 

自分自身、社会のルールをそれなりに守って、

決して人の命を奪ったり、物品を盗んだりはしませんが、

思考と感情を持って、日々を過ごしている以上、

相容れないことがあれば、中指を立てたくなるような、

気性の荒い部分も当然あるわけです。

 

それはおそらく、ふとした会話のやり取りや、

興味や関心の持ちどころなどの多くの原因と理由なのかもしれず、

お互いの主張のようなものは、ない方が不自然かなとも思うわけです。

 

もしもお互いの関わりにおいて、均衡が崩れたとするのなら、

そういう意味では、絵の具のチューブを押しつぶそうとしても、

その力が強ければ、チューブを破って中身が飛び出るように、

どうにか逃れようとする動きになっていくものです。

 

人はそんなに定規で測ったようにキレイに割り切れるものでなく、

個人においても、雑多なものが渦巻いていると考える方が、

かえってその人の魅力に気がつくように思います。

 

その人が大切に思うことや、譲れないことを知りながら、

そうして折衝を繰り返しながら、お互いに理解を深めていく方が、

長い目で見ても、よほど建設的なことのように思います。

 

どうして、自分自身は(主に)音楽を聴くことを選んでいるのか、

それは音楽を聴くことが楽しい以上に理由はなく、

あれこれ御託を並べる必要がないとも思っています。

 

しかし、時として思い至ることのひとつやふたつはあって、

具体的に、誰のどんなアルバムや楽曲を聴いているのではなく、

音楽を聴くこと自体が、そのまま感情を豊かにするものと思って、

それが総じて、長いこと多く聴こうとしているだけになっている、

結局は、そういうことなのかなとも思うわけです。

 

このあたりは、他の切り口もあって、

どうにか説明できることのようにも思いますが、

たとえ上手に言葉に置き換えられないとしても、

胸の中にずっと抱いていることはあって、

それが自分の大切にしたいことなのだなと思うわけです☆

 

 

*シェアはこちらから*