言葉は時代や使い方によって変わっていくもので、

決して間違いではないけれど、正しいわけでもないものがあって、

そのひとつに、「生き様」という言葉があります。

 

意味の内容としては、「生き方が見事である」とか、

「誇らしい生き方をしている」という意味合いがありますが、

元は、「死に様」としか言わない言葉でした。

 

しかも、「死に様」にしても、意味としては、

「見事な死に方だった」とか「生を全うした」というのではなく、

「無様(ぶざま)」とか「様ぁ見ろ(ざまあみろ)」という、

どこか屈辱さを含む意味だというのです。

 

これは、相手に向けていうものなのか、

自分のことを謙遜・卑下していうものなのかはわかりませんが、

本来は、進んで使うようなものではないのかもしれません。

 

その人がどう生きるのか、成果や業績みたいなものは、

わからないよりかは、わかった方が良いのかもしれませんが、

最初から開陳して、誇示することが目的ではないので、

突き詰めれば、どちらでも良いのかもしれません。

 

結構、今の時代はそうなのかもしれませんが、

確固たる証拠がないと、「ある」ことにしない傾向が多く、

自分の生き方や考え方などを、表立って出していないからといって、

どこにも「ない」ようにしてしまうように思います。

 

目に見え「ない」から、ないわけではないことも多いので、

目を凝らし、耳を澄ますことも必要ですが、

「ない」ものを感じようとする姿勢も大切なように思います。

 

特に、人の気持ちや考えのようなものはそうかもしれず、

話さ「ない」から「ない」のではなく、

うんと心の奥の方にある可能性だってあるものです。

 

自分自身の心の声に気がつくように、

誰かの(正直な)心の声にも思いを寄せることによって、

情緒的な関わりができるように思います。

 

どうも、科学偏重の傾向がある一方で、

そういう見えざるものを押し出すこともあって、

必要であることと出しどころとが齟齬があって、

妙な理屈だなと思うことも、時々あるものです。

 

さて、武士道にある言い方として、

「武士道とは、死ぬることと見つけたり」というものがあって、

死ぬことを思ってこそ、生きることを真剣に向き合うような意味合いで、

もちろん、死んでしまっては元も子もないわけなので、

今の、生きていることを充実させていくことが重要となります。

 

これも解釈の余地は、それなりに多くあるので、

決して誤らないところで、吟味していきたいものです☆

 

 

*シェアはこちらから*