いろいろ言いたいことは、年内で消化しておこうと思って、

それならば、思いつくことは溜めないで出していこうと思います。

 

最近の印象的なひとつでは、ロシアの思想家のひとり、

G.I.グルジェフという人の研究内容があります。

 

9つの性格から判断するエニアグラムを言い出したひとりで、

そこからオクターブ理論や水素論などを展開して、

科学的なアプローチで、人の本質を探ろうとするものです。

 

人体の神秘は、すべて解き明かされているようなものでなく、

奥深い能力や資質がまだあるようにも思いますが、

そこで、グルジェクはインチキ詐欺師と呼ばれる一方で、

言っていることが妥当と思う人たちからは、

神秘思想家として扱われています。

 

扱っている対象が、人であるというのもありますが、

だいたい、突飛な発想からはじまることから、

各種理論や体系が出来上がっていくものなので、

利発な人は、そう言われてしまう傾向もある気がします。

 

その関連で言えば、かつて、中世〜近代において、

錬金術師と呼ばれるような人は、崇高な科学者である反面、

詐欺師まがいのような扱いもされたように思います。

 

何か別の金属をどうにかして、金が精製されるというのは、

今でいうと、原子や陽子の存在がわかっているので、

どのような条件があっても、ほぼできないことは明らかです。

 

それでも、そこにロマンを見出して、

実験を繰り返し、理屈を考えていく過程で、

別の科学的な発見や寄与が多く出てきたことは間違いなく、

功罪ともにあるなという印象です。

 

そして、レオナルド・ダヴィンチのような人では、

医学、美術など、科学と美術の分野を横断していて、

人体を知っているから、精密な絵画が描けるのだし、

精密に描けるから、解剖のスケッチも詳細に残せると、

それぞれの技能や知識が高まるほどに、

全体的な研究や追及が、より促進されるのはあります。

 

今の時代で言えば、宇宙空間でワープができるとか、

人がコンクリートの壁を抜けられるとか、

実際にはそういう現象はあるのかもしれませんが、

決してオカルトやSFの話にならないところで、

だいたい実証することに近いもののように思います。

 

そして、自動車にしても21世紀では空を飛ぶものとして、

映画やマンガの中では表現されていますし、

そう思って技術が科学的に進んでいけば、

次の22世紀のどこかは、きっと空を飛んでいることでしょう☆

 

 

*シェアはこちらから*