今は、手書きの手紙を書く人はどれくらいいるのでしょうか、

それに思い至った時、意外と少ないように思いました。

 

手書きで書くのもしかり、手紙を書くこと自体も、

今はメールやLINEが便利であるために、

ほんのひと言、ふた言でのやり取りをして、

紙に書いて、切手を貼って投函するような機会は、

ほとんどないなと多い知るものです。

 

実際に書く機会があろうがなかろうが、

ヴァーチャル的にこの場所を使って書くのに加え、

"拝啓"にはじまり、"敬具"に終わる一連の手紙を、

あくまで、架空(フィクション)のものとして書いてみるには、

一体、どのようなことになるのやらという気がします。

 

具体的な内容があって、個別の誰かに差し出すような場合では、

相手が読んで、考えたり、返事を出したりするように、

次の行動に移ることを想定して書いていくものですが、

宛先不明、内容も自由自在とあっては、

想像力を駆使して、自由闊達にできる思いがある一方、

途中で、「あ、書くことがない」と止まるかもしれません。

 

それとは、少し異なりますが、

「リンカーンの手紙」というものがあって、

アメリカ南北戦争の時に、北軍を率いていたミード将軍が、

リンカーンの意向とは異なる行動を取った時に、

激しい怒りのあまり、手紙に書いたという話があります。

 

そこで、リンカーンは痛烈な批判をしていくわけですが、

この手紙がミード将軍の手に渡って読まれることはなく、

リンカーンの死後100年が経って、

ようやく、机の奥だか書類の中からだか見つけられたものでした。

 

そして、その手紙には「署名のない、決して送らない手紙」とあって、

最初から出すこともなく、怒りを書き出すだけのものでした。

 

これは、怒りをコントロールする側面もあって、

書き出すから、自分の怒りが目に見てわかると同時に、

そうして、思いの丈を書き出すことによって、

自分の怒りを落ち着かせることもできるわけですね。

 

それに近いものでは、「出すはずだったラブレター」がありますが、

もしも淡い思いがあるのなら、よほどの事情がない限りは、

その相手に届けることが良いように思います。

 

成就するかどうかは、その時次第ではありますが、

たとえ返事がないのだとしても、

自分の中では、ひとつ区切りをつけることができそうです。

 

何はともあれ、手紙を書くこと自体、

日々のどこかでしていけると良いものです☆

 

 

*シェアはこちらから*