人との関わりを思う時、自分と相手とのやり取りにおいて、

どういうバランスが、最も良いものかと思うものです。

 

自分と誰かの2人において、会話や表情のやり取りは生まれ、

それが3人ともなれば、それはもう社会であるという考えがあって、

意見を出し合い、気持ちもぶつけ合うことになっていきます。

 

自分の意見や気持ちを出すことは、その一員として必要なことですが、

我を押し通すほどに出し過ぎても、衝突は生まれてしまうでしょうし、

逆に、何も出さないほどに押し殺しても、何の意味もないわけです。

 

これを何にたとえると、その醍醐味や困難さの一端が、

少なくとも自分にとってわかりやすいのかで言えば、

ロック・バンドにおけるアレンジの過程が、

そのひとつの例え方だなと思っています。

 

たとえば、歌のメロディーを引き立たせようとしてみれば、

バックの演奏はそのメロディーにあたらないようにしようとか、

ギターでは、リズムを重視してリフをユニゾンで厚みを出そう、

ベースはルートで攻めてみようとなることでしょう。

 

あるいは、バンドとしての魅力を出そうと思えば、

音数は多くしても、ドラムのキックに合わせたリズムにして、

ベースはコード・トーンを駆使したメロディーにしよう、

そうなると、ギターは単音でシンプルにしてみようとか、

あれをこうして、これをああしようとなってくるものです。

 

これはかなり難解なパズルを組み合わせるようなもので、

アレンジは、ある意味では終わりのない作業ともなっていきそうです。

 

音楽ということで言えば、リズムとメロディーの、

タテとヨコの動きがあって、それに各パートの重なりがあるので、

全方位的にピタッとはまるように考えていく必要があります。

 

ロック・バンドにおいては、まだパートが分かれていて、

どれを引き立てるか、どれを前面に出すのかによって、

アレンジの向かう方向も合意が取れていくように思います。

 

そして、これを人間関係に置き換えてみると、

誰が主張し、誰が受け止めて調整するとか、

出会ってすぐにわかるようなものでもないので、

少しずつの手探り状態になることは明らかな気がします。

 

ある程度は、時間が経たないとわからないことも多いし、

仲の深まりにしても、すぐにどうというわけでもないですが、

少なくも、自分はこう思うというのがあれば、

小出しにでも出していくことが良いなと思う今日この頃です☆

 

 

*シェアはこちらから*