"あなたにつけられた名前はあなたのもの、

だから、何度でも呼んであげてください"

 

それは、自分自身の名前を大切にするのと同様、

身近で親しい人の名前もそう思ってくださいと、

そんな願いのこもった一節を目にしたことがあります。

 

自分自身は、名字も下の名前も少しばかり珍しいので、

名前に対する思いは、結構強いのかもしれません。

 

そして、こういう自分の名前が何であるかというのは、

その人の性格や考え方、あるいは、運命・宿命のようなものまで、

何らか影響を与えているように思います。

 

まずは、名字では、両親の名前がどうというより、

祖先や家族という、もう少し大きいくくりで、

その一員であるという意味合いが強いもので、

社会的にどういう出自かを示すもののように思います。

 

わかりやすくたとえて言うのならば、

どこのチームに所属しているのかに近い発想かもしれず、

地域ごとのサッカー・チームを思い浮かべると良さそうです。

 

名字は、住んでいる地域や就いている仕事に由来していることも多く、

特徴が際立っているものも、なかにはあるなと感じるものです。

 

自分自身でも、たとえば五所川原とか勘解由使とか、

蓮華峰院のようなきらびやかな名前であったのなら、

人生自体、かなり華々しくなるような気がするものです。

 

逆に、佐藤さんや鈴木さんのような名字では、

日本の名字のトップを争うほどかなり多くの人数がいるために、

少しばかり人とは異なる、珍しい名字に憧れる人もいるようです。

 

そして、下の名前では、自分自身固有のものであって、

どこのチームの誰であると、個人を特定するものになるでしょう。

 

下の名前では、両親や家族の願いがまた強くなり、

それがそのまま反映することも多いのではないでしょうか。

 

思いが強いあまり、凝りすぎる傾向もあって、

「七音」で"ドレミ"とか、「月」で"ライト"では、

読み方自体、見当がつかないことになってしまいます。

 

そういう極端な場合はさておくとしても、

自分の名前を大切に、しかも、呼んでもらえると、

個人の存在ごとを認めてもらっているようにも思えて、

とても嬉しい気持ちになるものです。

 

自分自身、名字の印象が強いあまり、

なかなか下の名前にまで及ばないことがあって、

それはそれで構わないなという気持ちもあります。

 

ただ、半分冗談で主張しておきますと、

"LUNATIC YASU SEA"という言い方ができる点で、

自分自身は、今のこの名前を気に入っています☆

 

 

*シェアはこちらから*