相撲の立ち会いにおいては、

ともに100kgを越える体重の持ち主が、

正面からぶつかり合うことで、

お互いに、大きな力を出すことができています。

 

それが、どれくらいの衝撃なのかで言えば、

立ち会い全体でかかるのは2t(2000kg)にもなるそうで、

感覚的には、コンクリートの壁に向かって走りながら、

思い切りぶつかるのに近いと聞いたことがあります。

 

その衝撃の大きさに驚くこともさることながら、

ひとりで、壁にぶつかるだけではでない力もあって、

ふたりでやるから、そこまでの力が出るとも考えられます。

 

たとえば、テニスのラリーにしてもそうで、

実際の試合では、緩急つけたり、コースを変えたりしますが、

球の持つスピードや威力を考えると、

相手の力を利用しつつ、自分の力に変えている部分もあります。

 

これが、ひとりで壁打ちしているだけでは、

自分の打った力から、壁に当たる時に使う力を引いて、

それでまた戻ってくるだけになるので、

どうしても、弱まってしまうように思います。

 

そうして、お互いが拮抗しながら持てる力を出していくことで、

負けまいと思うほどに、いつも以上に力が出てくるとか、

思いも寄らない力だって湧いてくるかもしれません。

 

これは普段の生活においてもあり得るようなことで、

意見を交わしていくとか、議論を重ねていくような時にでも、

自分ひとりで考えているだけでは、

それがどれくらい的を射ているものなのか、

あるいは、どれくらい通用するのかということが、

どうしても判断がつかないことが多いように思います。

 

自分以外に、ひとりでもふたりでもいれば、

お互いの意見がどれくらい妥当なのかもわかってくるし、

場合によっては、もっと良い発想が浮かんでくるかもしれません。

 

運動においても、生活においても、

自分の力はこれくらいかなと、思い込んで決めていることも、

人によっては多いのかもしれませんが、

自分の思い込みの意識とは別に、脳みその本来の機能として、

随分と手前の方で、限界を定めてしまっているそうです。

 

そこには、生命の安全みたいな理由もあるのでしょうが、

必要に応じながら、限界を引き延ばすような試みや、

もとより限界を定めないようにすることで、

自分の能力が開花していくように思います。

 

そのためにも、人と関わって高みを目指す、

その心がけも大切にしていきたいものです☆

 

 

*シェアはこちらから*