普段から、人は知ってか知らずかさまざまな影響を受けて、

行動や思考にまで及ぶことがあるものです。

 

目で見て、耳で聞くようなものが多い気もしますが、

おおまかに言えば、心理的な影響を受けるとなって、

「〜効果」として、分類されているものも多くあります。

 

結構知られているように思うもので言えば、

サイレンの鳴っている救急車とすれ違うと、

近づいて遠ざかる時に聞こえ方の変わる「ドップラー効果」や、

飲む前に、これは効き目の高い薬ですと言われれば、

小麦粉の固めたものでも、治療に効く「プラシーボ効果」など、

そこまで込み入っているわけでもないシンプルなものなのに、

如実に影響を受けてしまうものがあります。

 

最近、目にして名称とともに気になったもののひとつとして、

「ザイガニック効果」というものがあって、

"続きはCMのあとで"、"続きはWEBで"ということで、

簡単に言えば、全部を言い切らないものになります。

 

これは、単純に人は全部を知ってしまうと、

その途端に興味を失ってしまうようで、

満足しきらない、つまりはもっと知りたいとなるように、

途中で止める、続きは他の機会にするというように、

あえて区切ることが効果的とされています。

 

先ほどの例で言えば、情報に関わることではありますが、

これは、人間関係においても有効で、

友人との関係、恋愛での関係など、

いくつもの場面で活用することができるものです。

 

最初から、親切な配慮やこちらの積極的な意志で、

持てる力の全部を出そうとしてしまうものですが、

話であれば、聞く方の体勢が整っていることも必要で、

あくまで、押しつけがましくないようにしたいものです。

 

少しずつ出していくとか、相手の興味を引き出すとかあって、

それによって、関係がより親密に深まることが、

何より大切なことだと思うので、

決して駆け引きだけではないところでのコツのひとつなわけです。

 

これは、少し言い換えてみると、

全部を言い切たり、やりきってしまったりすると、

気持ちが満たされて、次につながらないこともあるらしく、

意図的に腹八分目のように、満足の少し手前で止めて、

また会う再会の約束をするのが良いともされています。

 

こういう効果があることも、どこか頭の片隅に置きつつ、

実際の場面で使っていくことをやっていきたいものです☆

 

 

*シェアはこちらから*