個人的には、「マインドフルネス」という言葉を、

ここ数年の間で聞くことが増えてきました。

 

何でも英語(横文字)で言えば良いものでもなくて、

わかりそうなことがわかりづらくなるとか、

わからないこともわかったような気になってしまうのですが、

端的に言えば、「心が満たされている状態」と言えそうです。

 

あるいは、そういう状態を目指すものとも考えられそうですが、

それだけ現代社会に生きる人は心が荒んでいるのか、

こういうものを打ち立てないと克服ができないような、

何か重大な問題や背景を含んでいるように思ってしまうものです。

 

英語(横文字)で定着しているようにも思う言葉だけに、

当初は、アメリカをはじめとする西欧各国の発想かなとも思うし、

そして、それがなぜ多く聞くようになっているのか、

どれくらい重要なものとしてとらえられているのか、

これを機に考えてみるのも大切だなと思う次第です。

 

大きな時代の流れとしては、西欧の発想では、

どれだけ合理的に、どれだけ効率良くできるかという、

情緒よりかは理屈を重んじる傾向があるように思い、

それが、心的なストレスを呼び起こしているのかもしれません。

 

そこで、東洋的な思想や発想を取り入れることによって、

"心の安寧"を取り戻そうとしているのではないでしょうか。

 

果たして、何をどうすれば「マインドフルネス」を得られるのか、

具体的な方法や、日頃からできる習慣を考えてみれば、

瞑想、ヨガ、呼吸などの実践と組み合わせかなと思います。

 

自分自身は、特に「マインドフルネス」を目指していはいないのですが、

異なるアプローチをしても、結局ここに行き当たっているように思います。

 

そこで、わかりやすく心を落ち着かせるのには、

特に深呼吸ということでの呼吸と、

割れんばかりの笑顔と意識の傾け方という気がします。

 

どうしても日頃やることが多かったり、

将来への不安が募ったりすれば、

呼吸浅くなって、意識が今の時間になくなってしまいます。

 

そして、心がここにあらずともなれば、

表情も乏しく固まってしまうように思います。

 

最初は、呼吸からアプローチするのが好ましく、

息を吐ききれば、自然と吸うようになるし、

意識することで、深い呼吸にもなっていくものです。

 

あれこれと試して、組み合わせつつ、

最終的には、深い呼吸をすることからはじめ、

意識を「今、ここ、私」にすることだなと思います☆

 

 

*シェアはこちらから*