「目は口ほどにモノを言う」とか「目は心の窓」とか、

その人が、何を目に映しているのかは、

思っている以上に雄弁であるといいうことになります。

 

これは決して、たれ目だとかつり目とか、

そういう形状の問題ではなくて、

その向こうにある瞳の様子に関わるものです。

 

思えば、目の水晶体やら何らやで、

この世にあるものを映し、脳がその像を結ぶという意味で、

目は、驚異的な器官であるとも言えるのではないでしょうか。

 

それがまた、認識することにも関われば、

見ることによる情報量が大きいことにもなってきます。

 

そうした目において、自分自身の心の動き方を思っても、

心を開いている時には、視線は真っ直ぐ向かいますし、

向かう相手に対しても、目を見て話すことが多いものです。

 

逆に、意気消沈していれば、視線はつい足元へ行くし、

心が閉じているような状態では、誰とも視線を合わせない、

自身もなければ、所在もないという心地になるものです。

 

そうした、視線のやりどころと合わせつつ、

目の奥にあるキラリとしたものを相手の中に見えるかどうかで、

その人が今、野心があるかとか、精神状態がどうであるかとか、

何を語らずとも、意外とわかってしまうようです。

 

自分の中で、何が起こっているかが、

目の動きで自覚したり、相手に悟られたりするように、

目の動きや使い方を、相手に向かうようにする場合、

一説によれば、本意はどうであるかは別として、

約7秒の間、熱い視線を異性に送ることで、

"一目惚れ"ということも起こり得るそうです。

 

心が通じ合うから、見つめ合うのか、

見つめ合うから、心が通じていくのか、

どちらが先というわけでもなくて、

心の有り様と目の行き場は連動しているように思います。

 

単純に言えば、話している人の目を顔を見ましょうとか、

伝えたい人の方を向いて話しましょうとかいう話で、

下を向いていたり、あらぬ方を向いていたりするようでは、

声も言葉も、誰にも届かないことになってしまいます。

 

世界をどのように見るのかは、個人の自由ではありますが、

親しい人や、愛しい人がいれば、言葉も視線も交わしながら、

より良い交流を図っていくのが良いように思います。

 

なかなか人付き合いが希薄になっているような気もしますが、

身近なところから「目が合う」ことを、

少しでも良いので、意識してみるのはいかがでしょうか。

 

これにはまた奥深い知見があるのですが、

それはまた、別の機会にでも取り上げていきましょう☆

 

 

*シェアはこちらから*