自分の頭の中で、こねくりまわすように考えていて、

強く興味を持っている事柄について、

果たしてどれくらいのことをわかっていて、

どれくらいわかりやすく言えるのかとか、

どれくらいひとまとまりにできるのかなど、

確実に把握していることは少ないように思います。

 

これは、決して話してわかってもらいたいとか、

こういう話をする自分を知ってほしいということではなくて、

自分の知っている範囲とその深さのようなことを、

どうにかしてはっきりさせたい心の動きになります。

 

それは、自分の放り投げた石ころが、

どの方向へどのくらい遠くへ飛ぶのかを知りたいから、

それに適した物差し・定規を探すことに似ていて、

それによって方向や距離がわかるというものです。

 

自分では、見定めた方向へ思いっきり投げたつもりでも、

意外と手前の方であったとか、向きも異なっているとか、

他の人の多くはもっと遠くへ飛ばしているようなことを、

相対的に把握することで、自分の考えている事柄が、

どれくらい妥当なのかが浮かび上がってくるものです。

 

そういう物差し・定規を探し当てるのにもコツはあって、

自分より先を行く人なのか、広く深く考えている人なのか、

何かしら、自分を上回るような人に出会いたいと思うことが、

実際に出会って、自分の身の程を知る機会も得ることになります。

 

自分の身が引き締まるとか、至らなさを思い知らされる人は、

時に言われる"メンター"のような人になるのかもしれませんが、

身近な人であれ、本や書物の中の人、過去の人であれ、

出会いたいと思えば思うほどに、真に出会えていくように思います。

 

最近では、ここに書き記しているように、

ブログやTwitterなどのインターネット上でも発信できるので、

遅かれ早かれ、興味があれば行き着いている実感もあります。

 

少しばかり考えを深めていくうちに、

自分の考えている方向や内容がどれくらい妥当なのか、

不安にも似た、しかし気軽には言えない気持ちもありますが、

何かしら大きく巡って、似たような発想であったり、

それを励まされるような言葉であったりに出会えば、

打ち震えるようにして、励まされる思いが溢れてくるものです。

 

新たな方向と内容で考えていることのひとつふたつ、

今はまたそういう時期なのだと思って少しずつ進んでいきます☆

 

 

*シェアはこちらから*