先日、カラオケにて喜多村英梨さんの歌を歌った時に、

もちろん、音の高さ(キー)は調整しましたが、

歌い方を似せてみるということで試してみました。

 

その時に、自分は男で女性の歌を歌っている、

しかし、その歌い方は女性に寄せているということで、

自分の中では、「女性的」というのか「乙女性」というのか、

そういうものを合わせに行っている感覚がありました。

 

このあたりは、生物的性差(セックス)や、

文化的性差(ジェンダー)が絡んでくるように思いますが、

じっくり考えてみるには、面白いのではないかと思いました。

 

たとえば、自分自身の傾向としては、

男らしく振る舞うことが、自分個人として振る舞うより、

大きく優先されるような状況・場面では、

どうしても窮屈に感じるところが大きいものです。

 

そして、そういう時にはあまり親切ではないというか、

何も言わず、何もしないことを選びがちになっているのはあります。

 

自分の存在が、人間であるという土台の元に、

男性であるのと、いち個人であるというのがあって、

それが色濃く重なる部分と重ならない部分の差異によって、

振る舞い方に違いが出てくるように思いました。

 

自分個人としては、それなりに自我の主張みたいなのもありつつ、

生物学的に父親と母親の間に生まれているわけですから、

男らしさや女らしさ、父性と母性みたいなのが適度に混じり合って、

それで振る舞うのが、ある意味では"自分らしい"となっています。

 

そこでは、男らしいとされる勇ましさや力強さもあるし、

女性らしい配慮や気配りも同時にあるでしょうから、

男だから、女だからというようには見てもらいたくない思いがあります。

 

勝手気儘に個性を強く主張するというよりかは、

思ったことは、できるだけそのまま言ったりやったりするのが良いし、

その内容の是非については、改善していくのが良いと思います。

 

また、今回のことから考えれば、女性にしても、

考え方や価値判断が現実的で合理的な方を好むのであれば、

それは、かえって男らしいということになるかもしれません。

 

自分自身の内側を見つめてみても、結局のところは、

困っている人がいれば手を差し出して助けるし、

力の必要な仕事はするし、シャツのボタンつけだってするし、

やれることをやって、それが増えていることの方が、

より多くの人に喜んでもらえるようにも思います☆

 

 

*シェアはこちらから*