はじまりがあれば、どこかで終わりが来るように、

何かしらの区切りが、どこかであるものです。

 

日が昇って、また沈むように、

あるいは、息を吸っては吐いていくように、

それはもう自明の理のように思います。

 

そうして、自分自身の心境の変化と言いますか、

何か、特定の理由があるわけでもないのですが、

一旦は毎日続けるこのペースに区切りをつけようと思うのです。

 

日頃、生活を送っていく中で、何を思わないことはないので、

そういう意味では、いつも何かを書き記すことはできるでしょうが、

ただ単に続けるためだけにやるような気持ちがあるのだとしたら、

それは、内容や字面にもにじみ出てくるように思い、

伝えるべきものが伝わらないということになってしまいます。

 

一応は年内いっぱいで、この毎日続けるのは区切りをつけ、

そして、来年以降はどうするかについては、

もう少し時間を置くことではっきりしてくるのかなと思います。

 

週に一回程度なのか、月に2〜3回程度になるのか、

内容や分量をどうしていくものかについては、

まさにその時の気分で決めるのかなという気もします。

 

たとえば、毎日一定の分量を書き記していくことで、

書いていくための基礎体力のようなものは備わりますし、

続けることを念頭に入れているだけに、

興味や関心を持つ範囲や領域というのも、

自ずと広がっていくように思います。

 

そうして、体調の好不調のように、

内容にも連動することはあるでしょうが、

仕上がりの、ある程度の水準は保たれていても、

ばらつきが出てきてしまうのは致し方のないところです。

 

そして、最近ではひとまとまりというには少し多めの、

かなりのボリュームを書き出したことによって、

たとえば、遠くへ行くには行くだけの体力であったり、

それに備えるだけの準備が必要であったりするものです。

 

走る特訓をするのを思い浮かべてもらえると良いのですが、

普段の、毎日続けるということでは近所を回って、

それでも日に5kmとか10mとかの距離にはなりそうです。

 

そして、フルマラソンの42.195kmやそれ以上を走ろうと思えば、

練習は週に何回かになるかもしれないけれど、

今日は10km、次には20kmのように、

次第に距離を延ばしていくことが必要になります。

 

書きたい内容と、それに必要な分量を考えてみれば、

少し間隔を空けるのでも良いのかなと思う今日この頃です☆

 

 

*シェアはこちらから*