自分自身、記憶力は飛び抜けて良いようには思いませんが、

局所的にはよく覚えているということがあります。

 

基本的に、脳みその機能としては、

目や耳に入ってくる視覚・聴覚情報は全部記憶していて、

それが意識の前景に上がってくるかどうかということがあります。

 

あるいは、自分が強く興味を持っていることや、

熱心に調べ上げたようなことであれば、

何度もそれに触れる機会は多くなりますし、

色濃く記憶に定着するように思います。

 

何をもって"記憶力が良い"と言うのかもありますし、

記憶の仕方においても、人ぞれぞれに特徴があるものです。

 

最近知ったところでは、自分の過去の体験において、

年代や日付、場所のような、どちらかというと文字情報で、

それと結びつけることで覚えている人がいる一方で、

自分がそこにいたことに付随する雰囲気や匂いみたいなところで、

どちらかというと感覚で覚えているという人がいて、

同じところにいても、異なるようにしているのだなと思いました。

 

また、同じ場所で、同じ体験を共有していても、

誰が何をしたとか、そこに何があったのかなど、

具体的な何を覚えているかも、

異なってくるのが面白いなと思いました。

 

いろいろ目まぐるしいとか、膨大な量であると、

その細かいところを十分には覚えてはいられないものですが、

何かは感じ取ることでしょうし、

何かは覚えてもいるとは思うので、

最初から記憶することを意識してしまうと、

ただの記録になって味気なくなりそうです。

 

それよりも、そこで何をしているという、

まさに体験そのものを五感でありありと感じる、

そういうことの方が、結果としてもよく覚えている、

いつまでも印象に残っているということになるのかもしれません。

 

固有名詞や数字のようなところでは、

間違いのないように、きちんと覚えておこうとして、

そう思うだけでも効果はありそうですし、

他のことにおいても、何かの時には記憶の片隅からでも、

取り出そうと思っていれば良いように思います。

 

あるいは、解釈というか、受け止め方によっての差異もあるので、

あるところでは美化や脚色もされるでしょうが、

曲解や歪曲のないようには、心がける必要はあるでしょう。

 

それでも、覚えておきたいことや、

いつまでも忘れないでいたいことにを優先して、

それを糧に日々を過ごしていきたいものです☆

 

 

*シェアはこちらから*