少し前に、だいぶまとまった分量の文章を書いた時に、

普段とは異なるやり方というか、

そこで使う体力や、事前の準備も異なるなと思いました。

 

分量が多ければそれだけ、内容は幅広く、

しかも、論理としても深いところまで行くので、

たとえば、これを水に潜ることにたとえてみると、

140文字のTwitterでは、洗面器に張った水に顔をつける程度で、

ここで(今のところは)毎日やっているこちらでは、

それこそ、家庭の浴槽に入っているくらいになります。

 

すると、ここでは言いたいことをさらっと言う程度か、

言いたいことの大まかな流れを伝える程度かになります。

 

これが、2,000〜3,000字くらいになると、

市民プールがジムのプールに行くような感じで、

10,000字を越えてくるようになると、

そろそろ酸素ボンベでもかついで、

海にでも行くかどうかということになります。

 

そうすると、持っていくものは変わってきそうですし、

準備体操も入念にやっていく必要が出てくるものです。

 

そして、いきなり水に飛び込むようなことはしないで、

少しずつ潜ってみるとか、浅いところから進んでみるとかするので、

空間的な場所も大きく使ってみるのが良いとなってきます。

 

あるいは、単純に文字数の多さから考えてみると、

少ない時には、言いたいことを順に言っていくのが望ましいですが、

扱える文字数が多ければ多いほど、その前段と言いますか、

読む人が、読むのに次第に慣れていくように、

少し本題とは離れた話題から切り込んでいくことになります。

 

こういう言っている内容と文字数の多さは、

どこかしらでリンクするようにも思うのですが、

それはまた、先日紹介した"意識の階梯"のように、

考えている意識レベルの深さにも影響がありそうです。

 

論理を駆使し、言いたいことのあらゆることがつながるように、

しかも過不足なく伝えようとすればするほど、

集中力を増しながら、意識は深くなっていくような気がします。

 

そうして、水の中に潜って、底にまで沈むようにして、

意識もぐんぐん深めながら、言いたいことの真ん中までたどり着けば、

あとは、浮上するようにして締めくくりを迎えれば良いわけです。

 

そうすれば、自分の気がつかなかったようなことを、

深く潜ってみることで見つけるかもしれないし、

自分の思っていることの深いところが、

他の多くの人にとっても共感できるのかもしれません☆

 

 

*シェアはこちらから*