思考の仕方で、物事の見え方は変わるもので、

今の自分が直面している事柄があったとしても、

工夫の仕方は、いくつも用意されているものです。

 

たとえば、男女妙齢である30歳を目前にして、

今の仕事を続けようか、転職をしようかどうか、

結婚することやどこに住むかまで、

今一度、全体を考え直す人は多いのかなと思います。

 

仕事に関しては、どのような仕事に取り組みたいのか、

業種や職種のようなところで考えることもあれば、

同じ業界で、どの会社に所属するようなこともあって、

これらは、同じく「働く」にしても、

"何を"するのか、"どこで"やるのか、

問題の取り組み方が異なることは自明かと思います。

 

そうして、具体的に考える場合もあれば、

そもそも「働く」とはどういうことかであるとか、

会社に所属しないで、「働く」ことはできるのかとなれば、

また異なる視点からのアプローチということになります。

 

ともすれば、同時進行的に考えてしまいがちですが、

一概にひとくくりにもできないことのようにも思うわけで、

それを一旦冷静に眺めることも良いでしょうし、

あえて意図的に、考え方の趣向を凝らすのでも良いかもしれません。

 

生活をしていく上では、金銭の多寡は重要ではありますが、

同僚や顧客の、誰かが喜んでくれるような仕事の方が良いとか、

研究や芸事のように、自分が好きなことをとことんやりたいとか、

人それぞれに大切にしていることはあるでしょうから、

何が最も優れているというような判定はできないものです。

 

あるいは、自分で考えては息詰まるような時にでも、

周囲の、身近な人たちの意見に耳を傾けてみれば、

自分の良いところ、得意なところを指摘してもらい、

それによって、進むべき道が見出せることもあるかもしれません。

 

そうして、自分自身という個人において考えるだけでなく、

現代の、日本における社会情勢や労働実態にまで行き着いてみるとか、

海外の様子と比べたり、今後の世の中の動向に目を向けるとかすれば、

また異なる視点や観点から見て取ることができそうな気がします。

 

果たして、自分がどの段階で考えているのかを自覚しながら、

いろいろ組み合わせて考えてみることが、

もしかしたら日頃から必要なのかもしれせんね☆

 

 

*シェアはこちらから*