興味のあるなし、得手・不得手など、

それは当然のようにありますし、

どのあたりを網羅しているかの範囲は、

個人それぞれにあることでしょう。

 

自分自身でいえば、モータースポーツであったり、

考古学であったりする分野は、どうしても不案内で、

機会があれば、詳しい人に意見を大いに仰ぎたいところです。

 

世の中の物事は、知っていることの方がごくわずかで、

知らないことばかり多いものではありますが、

人は、どうしても自分の知っていることを誇り、

知らないことには、あまり目を向けないのはあります。

 

医学であれば、医者がやれば良いとか、

宇宙へは宇宙飛行士が行けば良いとか思うかどうかで、

自分がその一端でも知ろうと思う気があるかで言えば、

あまりない人の方が大半のような気がします。

 

しかし、どのような分野や領域であっても、

そこで熱心に取り組んでいる人や活躍する人がいて、

せめて、そういう人がいることを知るだけでも、

何かの折に、身近なものになるかもしれません。

 

そうして、縁やタイミングのようなものとも関係しながら、

少なくない興味や関心を周囲に向けていくことによって、

新たな気づきであったり、発見があったりするように思います。

 

すぐさま役に立つ、立たないということよりも、

好奇心がくすぐられ、刺激されることによって、

より愉快に生きていくことができるようにも思います。

 

そして、これは順番がどちらかは忘れましたが、

①映画をつくるには、いろいろなことを知っている必要がある、

②いろいろなことを知っていれば、何か映画がつくれる、

とにかく映画作品一本には、多くの知識や経験が詰め込まれてる、

ならば、実際につくるかどうかは別としても、

いろいろなことを多く知っているのは、無駄ではないわけですね。

 

そうして、いろいろなことに対する広い見識があって、

それぞれに造詣が深まっているのであれば、

 

翻って、あなた自身の魅力も増しているということになって、

多くの人と、多くの会話を楽しむことにもつながってくるものです。

 

長い人生、これからも成長する余地があるのが好ましいもの、

それでも、今の時点で、自分の知っていることは、

この世の中のわずかに過ぎないというような、

決して落胆ではない、謙虚な気持ちを持って、

だからこそ知ることを楽しんでいくのが良いですね☆

 

 

*シェアはこちらから*