自分自身が、日頃から言葉を大切に思っているせいなのか、

ひとつの言葉を使って、ほとんど相違のないように、

同じように物事を把握したいのはありますが、

何となくフワッとした言葉遣いであったり、

遠回しな言い方であったりを用いることがあるものです。

 

昼間には、多少刺激が強いかもしれませんが、

誰かと一緒に「寝る」ことをする場合に、

単純に雑魚寝で、同じ空間で睡眠活動をすることもあれば、

男女の性的な肉体接触=営みをすることもあり得るわけですね。

 

それは、言葉そのものが指し示す以外に、

前後の流れやお互いの含みなどが、多くあるわけで、

それが合意に達っしているという状況があることになります。

 

あるいは、「お茶をする」時にしても似ている感じはあって、

単純に緑茶やほうじ茶を飲んで、ほっこりするということと、

お茶、もしくはコーヒーを飲みながら会話を交わし、

お互いのことを知ったり、近況を伝えたりすることもあります。

 

いくつもの条件や状況がありながら、

何を意図して伝えているかということも大切で、

それができるだけ過不足ないというのが望ましく思います。

 

それについて、最たるものだなと思うひとつなのですが、

男女が交際をする時に用いる「付き合う」という言い方は、

何をもってそうなのかというのは、

結構人によって受け止め方は異なるように思います。

 

いくつか考えられることとしては、

①一緒にどこか出かける、一緒に何かをする

②何をするにしても、一緒にいて会話を楽しむ

③性的な肉体接触、あるいは結婚を目指して一緒にいる

このようなお互いに何を目指しているかによって、

まさしく「付き合い方」が変わってくるだろうと思います。

 

始終いつでも目的ありきではありませんが、

悲劇的な例としては、20代後半〜30代の女性がいて、

それでも同年代の男性側からしてみれば、

結婚することや子どもを持つことを露ほどにも考えていない、

もしも、女性がそれを強く望んでいるとあっては、

お互いの思う「付き合う」に相違があるということかもしれません。

 

結婚をひとつの社会的な契約ととらえるのならば、

気持ちの熱く盛り上がるどこかの途中で、

内容に不足がないかを、正面から話し合うのが、

後々になって困るということのないコツなのかもしれません。

 

どうやら恋愛と結婚は、地続きのものでもないらしいので、

そのあたりの考察は、別に機会にでもしたいと思います☆

 

 

*シェアはこちらから*