同じ状況にあっても、何をどう言うかによって、

その後の明暗を分けるということは、実に多いものです。

 

伝えたい意図や内容は同じかもしれませんが、

言葉の選び方で、伝わり方は大きく変わるわけで、

よほど、ひねくれた性格でもない限り、

伝える相手から好ましく思われる方が良いかと思います。

 

そして、逆に言えば、その伝え方を意識していないがために、

諸々のチャンスやタイミングを逃している人が、

思いの外、多いだろうし、無自覚なのかもしれません。

 

いろいろな状況や場面は、日々においてあるでしょうが、

見かけたうちの、具体的なもののひとつでは、

銭湯好きで、東京都内の銭湯に相当詳しい人がいて、

その人に対して、自分の近所でのオススメを聞くような時に、

「地域はどのあたりですか?」と問われた場合に、

「東の方です」と答えているのがあって、

これではオススメも何もしようがないなと思ってしまいました。

 

せめて、江戸川区とか葛飾区ですみたいに言えば、

そのエリアの範囲で考えることができるわけですね。

 

これは出身を聞くような時にも起こり得ることで、

「出身はどちらですか?」と言われて、

「西の方です」と答えているようなもので、

もう少し大阪〜兵庫〜京都あたりなのか、

それよりもっと西の、福岡〜佐賀あたりなのか、

ある程度は具体的に答えるのが親切なわけですね。

 

具体的に、住所まで答えるようなことをする必要はなく、

聞く方も、そこまで知りたいわけではないのにも関わらず、

非常に抽象的というか、曖昧な回答になってしまっています。

 

この後の、会話なり質問なりの流れとしては、

当然、ある程度詳しく知ろうとするものが続くだろうし、

その手間をかける意味は、果たしてあるのかということになります。

 

個人的には、もしもお互いに初対面である場合に、

「お仕事は何ですか?」と聞いて、

「営業です」とか「OLです」とか答えられると、

それだけで、相手の人となりが想像できそうで、

少しばかり残念な気持ちになることが時にあるものです。

 

仕事でも恋愛でも、会話のやり取りを中心とするわけで、

こういうコミュニケーションがスムースに進むように、

上手にできないまでも心がけていくことが大切だなと思います。

 

そして、それが良いチャンスやタイミングにつながるのなら、

こんな嬉しいことはないように思います☆

 

 

*シェアはこちらから*