統合的に、ひとりとしての人格ではあっても、

自宅でくつろいでいる時、仕事をしている時、

スポーツをしている時、勉強をしている時など、

立ち居振る舞いは、自然と変わってくるものです。

 

場面や状況に応じて、見える表情は異なるわけですから、

そのいくつかを見比べて、「多重人格」だなんてことは、

よほどの不注意でない限り、口にすることはないと思います。

 

自分の中では、さほど意識はしていなくても、

その時に誰といて、何をしているかによって、

スムースに切り替えができているはずです。

 

そうして、極めて自然に振る舞えているのにも関わらず、

その切り替えの落差を埋めるとでも言いますか、

横を貫くようにして、自分らしくあろうとすると、

何らか無理が生じてくるように思いました。

 

たとえば、どんなことをするにしても、

根底のところには"生きること"が紐付いてくるもので、

それに全てを準じるようにしてしまうと、

会話の硬軟、内容の選定にも影響が出てくるし、

「あ、ここでは言えない」と面食らってしまうわけですね。

 

決してそんなことをするわけではないのですが、

わかりやすく例を挙げてみると、

仕事の会議を真面目にやっているのにも関わらず、

今日の夕飯の話題を持ち出すようなもので、

自分の興味・関心と言える場面・状況に齟齬があるわけです。

 

そうして、自分なりに切り替えをもたらすと言いますか、

どのように制御すると、心的負担が軽減するものかと考えて、

"ダブル・スタンダード"というコンセプトが良いなと思いました。

 

確かに、自分の大切にしている価値観や考え方はあるとしても、

その時の場面や状況にそぐわないのであれば言わないだけのこと、

それを言いたいのであれば、別の場面や状況を持てば良いだけなんですね。

 

スポーツで、野球をやっているのなら、

そのルールに従ってプレイするだけのこと、

サッカーのことは考える必要がないことに似ています。

 

このようにとらえる時に、その時々の文脈を知れば、

それに上手に乗っていけば良いので、

この考えによって、随分と切り替えができるようになりました。

 

そうすると、単純に今、目の前で見えていることは、

その人のほんの一部だなという気がして、

いっそのこと、奥の深さや広さはどこまでも持っていると、

人間的な魅力にもつながっていくように思います。

 

似た考え方のひとつに"プランB"がありますが、

これはまた別の機会にでも、開陳していきたいものです☆

 

 

 

*シェアはこちらから*