普段、過ごしていれば多かれ少なかれ、

"誰か"との出会いはあるものですが、

果たして、この人なら会いたいとか、

また会いたいとなるのかなと思うものです。

 

そして、親しさが順調に増していけば、

もっと一緒にいたいと思うようになったり、

一緒に何かをしようと思うようになったりするかもしれません。

 

まずは出会わないことには、何をどうにも思わないので、

人のいるところに足を運ぶのが良いわけです。

 

たとえば、本やテレビで見知ったような人であれば、

活動の経歴やプロフィールは調べがつきそうで、

そこからイベントや講演会のようなところに行って、

より間近に人となりを知るのができそうです。

 

あるいは、市井の人と言いますか、

気になる異性や気の合う同性と出会いたいとなれば、

挨拶にはじまり、会話を交わしてみないことには、

お互いの素性はわかり合えないものです。

 

そして、その時に十分に話せるのであれば、

再会の約束を取り付けるかどうかまで進みそうですが、

ひと言ふた言しか交わせなかった時には、

また会いたい気持ちになるかが大きいように思います。

 

会いたければ、素直に会いたいと言えば良いし、

会いたくなければ、誘いがあってもお断りすれば良いだけで、

そのあたりは、かなり潔いものかもしれません。

 

そうして、少なくとも自分にとっては、

どういう人ならまた会いたいとなるか、

それが肝心なことのように思います。

 

性分的にひとりで過ごすのが好きな自分にとって、

誰でも会って、何回も会うような迂闊なことはしないものです。

 

それでも、会うようなことがあれば、

どこで判断を分けているのかを探ってみるには、

何かしらの共通点はあるでしょうし、

前段階として、直に会っている時に何かを感じ取っているはずです。

 

それはまだ、正確に言い表せるものでもありませんし、

もう少し他の人でもできるよう、汎用性の効くように考えてみるには、

他の人の意見や言説を取り入れてみるのが好ましく、

極端に集約すれば「魅力的な人」ということになりそうです。

 

肌のツヤ、ステキな笑顔、元気な雰囲気、前向きな姿勢など、

取り上げればいくつも出てくるようなものですが、

結局は、一緒にして気持ちの良い人だという気がします。

 

街を歩いたり、電車に乗れば、辛気臭い人の多いこと、

それだけに、「魅力的な人」は希少なわけですね☆

 

 

*シェアはこちらから*