自分の気持ちにしても、考えにしても、

ある程度の閾値を越えないことには、

言葉となって出てこないなというのはあります。

 

見切り発車と言いますか、勢いに任せるだけでなく、

コップに水が溜まって、溢れるようになってこそ、

表に出すのが良いように思っているのもあります。

 

部分を知って、すぐに全体を知るようなことはないですし、

自分の意見が、どれくらい正しいかどうかだって、

そんなに早く判断を下せるわけでもないので、

迂闊には言えないような気がします。

 

そこで時間を長くかけるばかりではありませんが、

ある程度の吟味は必要だとも思うし、

言ったことに対する一定の責任も生じるものです。

 

そのため、いくつかの意見や状況を知って、

そうして、コップに一滴ずつ溜まるようにして、

気持ちや考えを固めていくのが良いように思います。

 

そして、反応としては、脊髄反射的に早いような、

見事な間とタイミングで行えるのが良くて、

それは別の観点で、養っていくのが良さそうです。

 

弁が立つということと、信頼できるかということでは、

必ずしも一致することはないでしょうから、

言葉たくみに丸め込まれることのないようにしたいものです。

 

そうして、自分なりの思考のパターンができたり、

判断する時の選択肢のバリエーションができたりして、

その時々に応じるのかもしれませんが、

ある程度は一貫性を持って、外に表すことができそうです。

 

日頃から、自分で思う・考える習慣を持ち続け、

そうして広く深く他の人の言うことにも耳を傾けて、

その場しのぎにならないようにしておくことが大切です。

 

そういう心がけをしている人の言葉は、

聞く人にとっての信頼にもつながっていくでしょうから、

丁寧に取り組んでいくに越したものはないわけです。

 

言った言葉は、基本的には取り戻せないにしても、

その時々での訂正や修正を、適切にやっていくのであれば、

信頼とともに誠意も、同時に伝わるのではないでしょうか。

 

そういう意味では、心がこもっている言葉かどうかは、

聞く人には、案外簡単に見破られるかもしれず、

それだけ、言う前の段階が重要になってきそうです。

 

独創性に富んでいる必要は必ずしもなく、

届いて伝わるような、モノの伝え方ができるであれば、

そんな素晴らしいことはないなと思う今日この頃です☆

 

 

*シェアはこちらから*