仕事でも経営でも、あるいはその他の活動でも、

多岐に渡って活躍している人は、決して少なくありません。

 

趣味でもそうですし、興味のあることでもそうで、

いくつものことを同時進行でやっている人というのは、

かえって、自分の活躍に役立っているような気がします。

 

たとえば、経営者でトレーニングに勤しんでいる人は多く、

トライアスロンや登山に果敢に挑戦することもありますし、

別に飲食店を立ち上げたり、アパレル・ブランドを展開したり、

人ぞれぞれに取り組んでいることはあるものです。

 

そうして、別の分野・領域で知り得たことであっても、

本当に大切なところは共通しているもので、

それをまた、持ち帰ればより有効に使えるわけですね。

 

逆に、小説家や文筆家であるような場合、

脇目も振らず、それのみに専念することが良いこともあり、

広げるばかりが良いわけでもない場合があります。

 

そして、それのどちらにしたら良いということではなく、

結局のところは、果たして自分は世の中に対して、

どのような役割を果たしていくのが良いのか、

日頃から、それを考えていることが必要な気がします。

 

俯瞰して、自分の立ち位置を知るようなことが必要で、

今は主にキャスターで活躍している松岡修造さんは「人を応援する」、

歌手・声優の坂本真綾さんでは、「伝える」ことを本義としています。

 

こういう自分の理念みたいなものが一貫していれば、

表面的にやることは変わっても相通じていることはあるので、

至極簡単に落とし込めているのは良いなと思います。

 

これは、以前書き記したことに近いかもしれませんが、

逆に言えば、ラーメン屋であるのにオムレツで勝負するとか、

八百屋なのに新鮮な野菜でなく、ブルドーザーを扱うように、

むやみに多角化したり、本分を見失ったりしてはいけないのです。

 

それでも、"誰かを喜ばせたい"一心でやっていれば、

そのチグハグさはあっても、強みとなるかもしれず、

思い入れや気持ちの込め方がエネルギーとなっていることがあります。

 

確かに、最初はひとつのことに専念しつつ、

そうして、ひとつずつを軌道に乗せていけば、

結果として、いろいろなことが同時にできていることになります。

 

自分自身の場合で言えば、どうなのでしょう?

なかなか短い言葉に落とし込むところまではいきませんが、

"喜びを届ける"ことは含まれているような気がします☆

 

 

*シェアはこちらから*