秋から冬へと変わっていくにつれて、

当然、気温は下がっていくものですから、

どうしても着るものは増えてくるものです。

 

そうすると、この時季は空が青々とするよりかは、

どこか陰を持つような雰囲気になりますし、

着るものの生地も光沢があるというよりかは、

色味を吸収するようなものになる傾向があります。

 

毛糸のセーターとか厚手のコートとかを見ると、

有り体に言えば、何となく沈むような感じで、

黒とか灰色とかの重い色合いが多くなるような気がします。

 

なかなか、ビキニの水着やサンバのカーニバルみたいなのは、

どうしても鮮やかであるがあまり、

どことなく目にそぐわないのは、

想像しやすいところではないでしょうか。

 

色味もそうですし、着るもの自体の重さもあって、

また、暗めの色が増えるのは、気持ちにも作用してくるので、

どうにかして、明るく保っていきたいものですが、

そういうのとは別の工夫もしていきたいところです。

 

重ための色、暗めの色というとらえ方とは別に、

まさに"黒"というものを上手に扱えるのは、

黒自体の魅力を知っていると言いますか、

かなりオシャレの感覚を持っているなと思います。

 

何を混ぜても、最終的には行き着くのは黒、

そういう色としての強さもありますし、

サイズやシルエット、生地の組み合わせによって、

多様な見せ方ができるのもできることでしょう。

 

個人的には、灰色とか、他の色のあるような、

傾向としての"黒っぽい"格好を好むより、

いっそ真っ黒の方が潔く、突き詰めたい思いがあります。

 

ただ、ここで注意が必要なのは、

無地でマットな黒を揃えるだけでは、

何とも味気ないことになってしまいますので、

やれば良いというものでもないわけですね。

 

世を忍ぶ忍者であれば、有効な格好ですが、

それなりの主張はあった方が良いでしょう。

 

それとなく、デザインが入っているとか、

場合によっては、他の色を差し込むとかして、

メリハリをつけるのが良いなと思います。

 

女性の場合では、上着やタイツ、靴は黒でも、

短めのスカートを他の色合いにすることによって、

全体が引き立つということが一例として挙げられます。

 

あるいは、ストールやマフラー、ベルト、アクセサリーで、

アクセントをつけるという発想も良いですね。

 

着るものを着て、暖かく保つのと同時に、

少し工夫をするようにするのもまた、

日々の楽しみのひとつとなりそうです☆

 

 

*シェアはこちらから*