普段の生活であるとか、取り巻く状況とかに対して、

判断を下すことであったり、結論を出すことであったり、

途中を難しく考えてしまうことはあるでしょう。

 

学問の分野のひとつとして「哲学」をとらえる場合に、

もちろん偉大な先人の知恵を知るという側面もある一方で、

しっかり自分で考える、あるいは、考える枠組みを持つというのが、

もうひとつの、とても大切なことのように思います。

 

ある意味では、音楽や他の芸術、学問でもそうですが、

体系とともに歴史的な背景を知るというのと同時に、

自分自身も実践をするというのが含まれるかと思います。

 

意外と、手や足を動かす技能的なところでは、

実践がまずもって優先されるように思うし、

頭を使って考えるような分野では、

知識を覚えたり、記憶したりすることが、

大切なことになっているような気がします。

 

これらは、決して相反するようなものでもないし、

どちらか一方をやっておけば良いというようなものでもなく、

多少のバランスの偏りはあるかもしれませんが、

それぞれに力を注いでいくのが良いように思います。

 

最近は、少しばかり小難しいことを見聞きするのが楽しく、

「こんにちは!今日もお元気ですか!?」のような、

挨拶はもちろん重要で、大切なことではありますが、

他の、上っ面をなぞるような会話であったり、

何の意図も感じない会話であったりするようなものは、

どうにも応じようがないなという気分になってしまいます。

 

無駄が無駄でないようなことも、あえて無駄であることをするにも、

その前提があれば、それは意味のあることかと思いますが、

そうではない時には、その限りではないという感じです。

 

自分自身、物事をしっかりとらえるですとか、

これはどういうことなのだろうと考えることを好むあまり、

軽薄な言葉を発したくなく、あまり多くを語らないのはあります。

 

自分の興味や関心のあることに対しては、

自然と語るし、語ればつらつらと続くわけですが、

これまた、こういうところに興味や関心があるのだと、

事前に伝えていないと、理解に苦しむところではあるでしょう。

 

そういうことに思い至ってしまうと、

自分と他者との関わり方にも影響はあって、

"個人と身体の境界"みたいなところまで行き着きそうなのですが、

それは、またの機会にでも取り上げてみたいと思います☆

 

 

*シェアはこちらから*