"読書の秋"ということに限らず、日頃から本を読んでいると、

これは普段巡り合わない内容だとか、読んで良かったとか、

その時々で、種々の思いを持ち合わせるものです。

 

そして、本というものを単純に考えてみると、

紙とインクということになるわけですが、

たとえ同じように紙とインクを用いたとしても、

読み手に何を残すのかは大きく異なってくるものです。

 

もちろん、著者・編者の主張もあるでしょうし、

こちらの何を知りたいかとか、読む時期にもよるでしょうが、

内容の本質的なところは変わらないものです。

 

これは分野や領域もしかり、そこに何があるのかに合わせ、

何を伝えようとしているのかという思いも透けて見えるもので、

そういうものが、多く折り重なって成り立っているものです。

 

本そのものの手触りや質感もありつつ、

最終的には、読んで何を得られるかが重要で、

そのための付随することなのだなと思います。

 

これは、音楽CDにおいても同じように思うのですが、

決して、CDそのものを多く集めたいようなものでなくて、

ジャケットや歌詞カード、その他デザインを含んでこその、

中に何が吹き込まれているのかということかと思います。

 

こうして、大きくとらえて、一見するところでは、

本では紙とインク、CDではCD盤面とケースと、

同じようなものを用いながらも、中身が異なる点で、

これはまた、人においてもそうではないかと、

次第に思うようになってきました。

 

人として、今の時代を生きていく上で、

外見上はそう大きくは変わらないとして、

そして、日々を生きているのだとしたら、

誰かにとって何かしら役に立てるようにすることが、

一生の営みとして、必要なことではないでしょうか。

 

何かを学び、何かを知り得ていく上で、

それを共有するのでも良いし、伝えるでも良いし、

そうして、より良くあろうとしている人にとって、

自分が関われるのなら、そういう喜びはきっと、

何者にも代えがたいものだなと思うわけです。

 

自分自身の中身の充実を心がけていくというのは、

自分のためでもありますが、誰かのためのものとして、

日頃より価値を高めていきたいものです。

 

少しばかり抽象的なことではありますが、

このあたりの価値を高めるようなことは、

今後もまた取り上げていきたいと思います☆

 

 

 

*シェアはこちらから*