何となくですが、どれくらいの字数や紙幅を費やせば、

今の思っていることの過半数をカバーできるのか、

正直、よくわからないなという感じでいます。

 

こちらの、手前の話だけで申し上げれば、

自分の思っていることに色濃い輪郭を与え、

順序立てて、頭の整理ができるために、

どれくらいのトピックを語り、発想をも語り、

そうして、全体で過不足のないようにするために、

果たして、どれくらいの労力や時間でかなうのか、

その見立てができないことがあります。

 

そうして、物事の筋道を系統立てるのも、

補足や補強することも、決して厭わないのですが、

やればやるほどにゴールから遠ざかるような、

相当に長い旅路になるような気がするし、

それは果たして読みやすい(リーダブル)のみならず、

読んで良かったと思えるものになるのかも、

今のところはわからないというのがあります。

 

そこで、何もしないとあれば、考えは滞りますし、

こうした抽象的な独白ばかりになるので、

もう少し読むにポップな内容にしていきたい思いはあります。

 

物事ひとつ取り上げるにしても、深さや奥行き、

さらには広がりも相応にあるものですし、

かつ、視点を前後を含む上下左右に移すだけでも、

とらえるとらえ方が異なってくるものです。

 

別段、自分自身は「人の多くが語らない」ことを、

快刀乱麻を断つことをしたいわけでもなく、

物事はいろいろな角度から見ることで、

まさに多角的に見ることができることを、

少なからず提案していきたいわけですね。

 

あとは、もっとシンプルに考えてみても、

こういうモノの見方をする人もいるのだと、

考えるためのキッカケとなれば良いわけです。

 

視野や視座を頑強に固定するだけでは、

柔軟に考えたり、受け止めたりもできないので、

それらができる人が増えたらなと思ってもいます。

 

自分の考え自体も、特に珍奇なわけでもなく、

ひたすら少数を突き進むものでもないので、

この感覚の伝わる人が現れるのであれば、

こんな嬉しいことはないですね。

 

そうして、言いたいことの少しに行き着く前に、

またもや区切りのタイミングとなりますので、

近々のしばらくをまた読み進めてもらえたら、

それもまた、ありがたいことだなと思うわけなのです☆

 

 

*シェアはこちらから*