いろいろなところで異なる人がそれぞれに語っていても、

テーマが同じとか、取り上げているものが近ければ、

言いたいことの主旨は結構似通っていることがあります。

 

時代の流れとか、生活習慣のようなものがわかりやすいでしょうが、

終身雇用は今でも有効なのか、年金制度は今後も続くのかなど、

大きな趨勢があることを、それとなく知っていくものです。

 

危機意識、問題意識のあるものほど多く見聞きしますので、

自分なりの考えを持ったり、考える機会は多かったりします。

 

そういう大きなところから身近なところまで、

多くの人の意見をすり合わせていくうちに、

その全体像や傾向みたいなものがわかるので、

できるだけ集めてみるのもひとつ手立てかと思います。

 

また、その中でも誰が語っているのかも重要で、

その人がどのような立場や背景から発しているのか、

それによってどうとらえるかも変わってくるものです。

 

自分の中でも掘り下げるし、その手立てを知って、

さらに役立てるようにするのが良いのかなと思います。

 

あとは、賛成とか擁護する意見ばかり聞くばかりでなく、

反対・反証の意見も聞くことも必要で、

いろいろな角度から見ることで自分の意見をまとめ、

最初から鵜呑みにしないということが大切かと思います。

 

議論においては、真っ向から否定しないのも大切な態度で、

揚げ足ばかり取るのではなく、どうとらえるかの差なので、

正面から見るか底の方から見るか、近くで見たり離れてみたりと、

そういう視点の違いによる意見こそ受け入れたいものです。

 

結局は、自分自身がある物事に対してどう思うのか、

それが問われるわけですから、その足場固めと言いますか、

広く見渡しながら、補強していくのが良いのかなと思います。

 

そもそもの興味がないとか、興味が多少はあっても考えないようでは、

いざ考えないといけないような事態になった時に、

手遅れと言いますか、いったいどのように対処するのでしょうか。

 

これは前もって心配をするべきだというような話ではなくて、

普段の心構えにも通じることかなと思います。

 

どれくらいの人が自覚的になっているかはわかりませんが、

多かれ少なかれ思っていることは似通っているでしょうから、

身近な人に対し、そっと投げかけてみるのも良いかもしれませんね☆

 

 

*シェアはこちらから*