たとえば、それが"知っているけれど言えないこと"であって、

しかも、そういうことがあることすら"言えない"のであれば、

ひたすらに口を噤むしかないというような、そんな話。

 

そういうものは自分の記憶の引き出しにしまうとか、

そもそも気にかけないようにすれば良いのかもしれませんが、

なかなかそうもいかないようであれば、少し大変です。

 

そして、そういうことすら言えないのだから、

話の筋道を変える、異なるように装うとあれば、

それを知る由はますますなくなっていくわけです。

 

これはまた、人と人との関係にも影響するので、

快刀乱麻を断つといかないのが、やや歯がゆいところです。

 

思えば、この世の諸々は、直接・間接問わず人との関係であって、

どんな物事に触れている限りは不可分なことです。

 

インターネットに興じる、動画やゲームに興じると言えど、

その内容であったり、見るための機材・端末であったり、

どこかで誰かがつくっているから手元にあるわけで、

それが自分の時間や金銭を費やしているからといって、

独りよがりになるのは、勘違いなのかもしれません。

 

多くの人のいる中で、自分の好きなように振る舞っているのは、

そういう点において、相容れないなと思いますが、

それはもう気にしないので、そっと遠ざけるだけです。

 

多かれ少なかれ、誰かと接して仕事や生活が成り立つのですが、

特に、人と人との深く関わる関係においては、

恋愛にたとえるのがわかりやすいかなと思います。

 

気になる相手に優しくされたら、こちらは嬉しいし、

こちらの優しさを返して、相手が嬉しく思ってほしい、

「あなたと私」において、交歓が促されることになります。

 

このあたりは、ことあるごとに思案して、

人間理解に努めていきたいなというところ、

今回のことでまとめにかかっていくとすれば、

前述のように"言えない"ことも含むのかどうか、

あえて何も言わないのが、優しさでもあるのかなと思います。

 

いろいろな状況や理由によって、

直接は伝えようにもないので、

そっとここに書き記しておいて、

見るかどうかは、その人次第、

自分のできることはやるだけなのです。

 

そういう意味では、言うか言わないかは別として、

心の風通しは良好に保っておきたいですし、

目のやりどころもきっと周囲を見て回りたいものです☆

 

 

*シェアはこちらから*