普段、過ごしていく上で気を配ることは多々あって、

根底には、どのようなことを思っているかで、

目の前のことが変わっていくように思います。

 

それは、自分自身の言動による反映もあるでしょうが、

どのように見るかということも大きく作用していそうです。

 

自分自身は、今のままに甘んじてはいけないと思うし、

できることならより良い景色を見ていきたい思いがあるので、

今の見え方は把握しつつも、自分の認識を疑うというか、

また異なるものがあるのだと思っています。

 

見え方が異なるというのを想像する時には、

他の人ならどう見るかを思い浮かべれば容易かと思いますが、

同じもの、たとえば赤いリンゴを見るにしても、

「これはリンゴだ」と思う人もいれば、

「このリンゴは赤い」、「これはあの品種のリンゴだ」と、

捉え方は人ぞれぞれに少しずつ分かれてくるはずです。

 

そうでなくても、ふと道端を歩いていて、

そっと咲く花に気がつくとか、空の様子に目を向けるとか、

これが何かに思い悩んでいるようでは目に入らないわけです。

 

マザー・テレサの言葉のひとつにもあって、

何を思考しているのかが積み重なって、

やがてはそれが運命となっていくものがあります。

 

それだけ、頭の中にあることが現実に反映し、

そのひとつひとつの積み重ねが自分自身を形成したり、

自分の身の回りの状態を形成したりしているわけですね。

 

細かく分けて考えていけば、目の見え方、頭の考え方、

意識、認識、感覚、知覚などのようにもできそうで、

何をどのように切り取っていくにせよ、

自分自身の頭と五感をどのように駆使していくのか、

これに集約することができるのではないでしょうか。

 

こうして学術的にも展開していけそうなものですが、

そして、これらは決して難しいことでもなくて、

朝起きたら、今日の一日を過ごせることを大切に思って、

目が見え、声が発することのありがたみを思えるかどうか、

そっと手を合わせることからできることかと思います。

 

あるいは、今日をどれだけ楽しく過ごそうと思えるのか、

どれだけ笑顔になったり、周囲を思いやったりできるのか、

それを望まない人はあまりいないような気がします。

 

こうした小さなことをいかに続けていくのか、

これはもう個人それぞれの心がけでしかないので、

その少しずつをおろそかにしない姿勢が大切です☆

 

 

*シェアはこちらから*