口を開けば、"理屈っぽい"と言われ、

きちんと説明をしようとしているのにも関わらず、

そういう印象だとは、なかなか心外なところです。

 

会話をしているのに、上辺だけをなぞっても仕方がないですし、

そう言われてしまえば、心のドアが閉まりつつあります。

 

逆に問うてみれば、直感や感覚なのだということですが、

言葉で何かを考えることはなく、まさに感覚でしかなさそうです。

 

どのような直感的・感情的な事柄でも、

論理や理屈とは不可分なものであり、

互いを補完するようなものである気がします。

 

また、このような論理や理屈は、先人の知恵でもあるので、

それを軽視することは、人類の叡智を蔑むような気がして、

そのように言う人に対しては、自分は相容れなさを感じてしまいます。

 

もう少し言うと、言葉の力を信じていないとでもいうようなことで、

こちらとしては、もう何も言うことがないなと思うわけです。

 

考えるところと感じることはそれぞれ大切なことではありますが、

ひたすらに、直感や感情に任せるという人は、

その人自身の過去の経験や感情についても考えることはなく、

それでは、何があっても何も学ばないということで、

これから一体何を得ようというのだろうと不思議に思います。

 

自分自身については、どちらの大切も信じていますし、

「情理を尽くす」姿勢が、自分自身の中心に据えている限り、

これは絶やさずやっていくことのひとつであることは確かです。

 

また、自分自身の精神構造として重層的になっているのはあって、

お互いに、踏み込んだり、踏み込まれたりしない限り、

次の一面は、容易には出てこないというのを自覚しています。

 

自分自身が、"理屈っぽい"のかどうかはあなた次第、

もしも、そこしか知ることができないのでは、

こちらの本質にはたどり着けていないわけですし、

こちらも心の開示をしていないことなのですが、

それを説明もしないので、知る由もないわけです。

 

だいたい、何もないような雰囲気を漂わせながら、

内心は結構突拍子もないことを考えているわけですが、

こういうのも易々と披露する由もないわけですね。

 

一度目よりも二度目と、面白さが増していくように、

そういう魅力を兼ね備えてもいきたいわけです☆

 

 

*シェアはこちらから*