秋も深まってくれば、半袖1枚で過ごすわけにはいかず、

もう少し上に羽織るものが必要になってくるかと思いますが、

単純に「着て、暖かい」というのみにあらず、

もうひと工夫できると良いのかなとも思います。

 

基本的には、気温に対して体温が影響を受けないように、

機能の面で、保温することが優先されると思いますが、

もう少し文化的と言いますか、付加するところもあって良く、

何をどのように身にまとうか、そういう側面もあって、

それを楽しむのも、着る服を選ぶ視点のひとつかなと思います。

 

この時季においては、次第に重ねて着る服が多くなってくるので、

どのように組み合わせるかとか、どういうスタイルにするのか、

冬の厳しさの来る前だけに、いくらかは楽しめるはずです。

 

そして、着るだけで気持ちが盛り上がるような服とは、

着るだけでテンションが上がるような服とは、

自分にとっては一体どういうものなのかを思いつつ、

ぜひともそれらのいくつかを手近に持っておきたいものです。

 

生地の厚さということでは、どうしても厚くなるでしょうし、

色合いにしても、黒や灰色などダークでモノトーンが多くなるだけに、

派手な色味を取り入れるのも良いなと、そんな気がしています。

 

ただ、どんなに派手で奇抜なものであっても、

何度か袖を通すうちには慣れてきてしまうでしょうし、

飽きるようにもなれば、刺激が少なくなってしまうことでしょう。

 

どこかで取り上げたかもしれませんが、最近思うことのひとつに、

「どんな刺激であってもやがては慣れる」のがあって、

これはもう免れ得ないことなのかなと思っています。

 

そうすると、手堅くても気に入ったものであるとか、

堅実なデザインで、長く愛好できるようなものだとか、

少し視点を変えたところで選ぶのが良いのかもしれません。

 

どのようにしても、自分の好みの傾向は出てくるでしょうから、

おおよそは、それに準じるということになりそうです。

 

そして、時々はクローゼットか衣装ケースだかに眠っていて、

あまり着ていないなとというものを取り出して、

ガンガン着倒すくらいが服のためでもあるのかなと思います。

 

総じて、天候や季節の暑い寒いみたいなところも考慮しつつ、

自分らしさや、自分の望むスタイルを表現していく、

服を着る楽しみは、そこにもあると思います☆

 

 

*シェアはこちらから*