そういえば、あまり宇宙の話はしていないことに思い至りました。

 

最初は、馬や自動車で早く遠くまで行くことからはじまり、

いつしか人類は空に思いを馳せるだけに留まらず、

その先、大気圏を飛び越えるようなことまで思うようになりました。

 

そして、1961年にソビエト連邦の人工衛星にて、

ユーリイ・アレクセーエレヴィチ・ガガーリンが、

人類初の宇宙飛行を成し遂げております。

 

当時の世界情勢を見てみれば、米ソの対立があって、

これを前後して、アメリカによるアポロ計画もはじまり、

1969年には月面着陸を果たすわけですが、

今回は、ガガーリンについて述べていきたいなと思います。

 

「地球は青かった」とか「神はいなかった」とか、

名言とされるフレーズがあるも、その詳細は少し異なるようですし、

ガガーリンが厳しい訓練ののちに選ばれた最終的な理由が、

"笑顔が良かった"というものがあったらしいとも伝わっています。

 

当時にしても、いろいろな思惑は当然あったことでしょうし、

誇張であったり、脚色であったりも少なからずありそうです。

 

それでも、この決して生きて帰れる保証のない宇宙行きに選ばれ、

それで無事にお役目を果たし、生きて帰ってきたことは賞賛に値します。

 

一躍英雄となってしまい、その後はまた大変だったようですが、

そういうのも含め、勇気や覚悟のところで、

誰よりも強い気持ちがあったのかなと想像することができます。

 

また、前述の笑顔にしても、いかなる訓練をも乗り越えつつ、

それでも、良い笑顔を発することができるのは、

心が安定していることの表れだと考えられていたようです。

 

たとえば、時の人として、英雄視されたい人は多いでしょうが、

それだけのリスク、命そのものの危険を冒すことができるのか、

そこで踏みとどまってしまうことも多いのではないでしょうか。

 

生きるかどうかの選択というものは、それこそ究極の選択であって、

それを背負っていく人がいてこそ、歴史が進むと言いますか、

人類の発展に寄与していることにも目を向けなければなりません。

 

普段の仕事や生活においてもそうですが、

道なき道を突き進む人がいたり、ゼロから生み出す人がいたりしてこそ、

今の文明や文化があるのだということを、改めて思うものです。

 

コトの大小はあるかもしれませんが、

ひとりひとりの勇気ある行動、覚悟ある決断が、

他の誰かを鼓舞することもあるでしょうから、

そういう姿勢を絶やさずにいたいものですね☆

 

 

*シェアはこちらから*