普段から、仕事や生活、趣味において、

関わる人が少なからずいるかとは思いますが、

そこで使われる言葉や表現は、もとより限定的ではなくとも、

あくまで、そこにおいて使われている側面があると思います。

 

いる場所に応じて、使う言葉が異なるとでも言うように、

自分たちでは当たり前のように使っていても、

実はそうでもないということがあるかもしれません。

 

それが、同じ業界や分野、領域においては、

前提となる共通認識があるでしょうから、

あまりそういうことを思う機会は少ないでしょうが、

他のところににいる人と話せば、強く興味を持たれたり、

驚きをもって受け止められたりするでしょう。

 

また、こういうものを当たり前のこととして、

それぞれ活動を長く続けていくと、

自ずと考え方においても馴染むというか、

そうであるしかないようになるのかなとも思います。

 

最初の方は、駆け出しとして覚えることばかりでしょうが、

年数や技術のようなところで、熟練していくことでしょう。

 

そして、その熟練の度合い、打ち込み具合によっても、

よりプロであったり、プロのようなものであったり、

人によって、活動の場所が異なってくるものです。

 

たとえ、今いるところが自分にとってとか、

周囲と比べても、意にそぐわないとしても、

積極的、消極的であるような打ち込む姿勢によって、

より推し進められたり、挽回もしたりすることができるでしょう。

 

このあたりになってくると、周囲に誰がいるのかということが、

かなり影響の大きい要因・要素となってくるでしょうから、

そこでは、気持ちの面を左右するような言葉の使い方が、

前向きかどうかに関わってきそうです。

 

そのように考えていくと、

自分自身の性格や志向のような人間性の部分の上に、

普段、どのような活動をしているのか、どういう言葉を用いるのかが、

後天的に、考え方にも影響していくような気がします。

 

ある時点を切り取ってみても同様に、

今いる場所、使っている言葉というものは、

その人を象徴するような表れとなるようにも思います。

 

それだけに、今その時点がどうかを別として、

どのような場所で、どのようになっていきたいのか、

それを思い描いて、強く願うことが大切なのかもしれません。

 

それは、そうなりたいから、そうなっていくことでもありますね☆

 

 

*シェアはこちらから*