これは言葉の使い方と、関連も影響もあるのですが、

たとえば多くの人にとっての、「仕事」という場合には、

自分のやっていることが、収入の糧としてやっていることで、

これは、どちらかというと「職業」ということかなと思います。

 

職業・職種となれば、そこでの知識や技術があって、

それを発揮することによって報酬が生じるわけですね。

 

会社に所属するとか、時給換算で労働をするとか、

時間の多くを差し出して、それと引き換えにしている人が、

世の中の多くの人の場合のような気がします。

 

もちろん、好きなことや得意なこと、

あるいは夢中になれるようなことが、

いつの間にか、収入にも結びついて、

それで生活ができることが望ましいわけです。

 

このあたりでは、趣味・特技とも重なるかもしれませんが、

好きを追求するだけでは、生活が安定しないため、

こちらを選ぶ人は、それなりに少ないことでしょう。

 

ミュージシャンとか役者とかでは、

定型のように"売れない〜"とついてしまうものですが、

収入や生活とは別のところで取り組みたい、

取り組むだけの意義を見出しているわけで、

必ずしも金銭的な部分だけでは判断はできないものです。

 

収入の有無とは別にと言いながら、そこが解決すれば良いわけですが、

そういうことを差し置いてでも、生涯やりたいことだったり、

世の中や誰かのためだったりすることを続ける、

形としてはボランティアみたいなことになるかもしれませんが、

それはまた貴重なことだなと思います。

 

画家のゴッホのように、死して名を成すような人もいて、

十分な収入が得られるからやっているのみならず、

金銭的なところで換算できないところでの、

価値というものを広く感じ取っていきたいものです。

 

言葉を重ねて、どうにか相違を明らかにしたいけれど、

分けて考えにくいところもままあるものです。

 

仕事と職業、人生と生活のように、

似ているけれど、少し異なる意味合いがあるので、

このあたりの差異を感じ取りつつ、

自分なりの住み分けをしておくのが良さそうです。

 

これはまた、いかに生きるかみたいなところが、

その人のやっていることや取り組んでいることが

その人の「仕事」に、大いに見え隠れしてくるものなので、

いつも頭のどこかにおいて、今後も追求していきたいものです☆

 

 

*シェアはこちらから*