何を見るにしても、それをどのように見るかで、

その後の結果というか、行き着くところが変わってくるものです。

 

たとえば、買い物をする時に、特に特定のものがあるわけでもなく、

それとなく「何か良いのがあったら…」と思っていては、

店内をくまなく見たところで、見つからないことが大半です。

 

これは、特定の"何か"が頭の中に思い描いていないために、

どれを手に取ったところで、それこそ"何か"が異なるわけです。

 

また、これは少し付随するようなことだと思いますが、

だまし絵(トリック・アート)の類でもそうで、

どう見るかで見え方が変わるというのが、

目や脳みその不思議な働きを感じるものです。

 

それだけ、普段から意識していることによって、

自分が望むものが眼前に来るのかどうかが、

大きく左右されているということなのかもしれません。

 

それが、具体的なモノだけでなく、情報なのだとしても同じで、

何かに夢中になっていれば、もっともっと調べるだろうし、

現実的に、どんどん行動に移すこともしていきそうです。

 

あるいは、自分が近い将来なりたい姿であったり、

実現させたい状況であったりすることもあるでしょうし、

そのような無形のものの方が、実際はうんと多いのかもしれませんね。

 

結構、名のある経営者とかアーティストのような人で、

大きな物事をなすような人には欠かせない能力・才能として、

どれだけ豊かに妄想を働かせることができるのか、

言い換えれば、どれだけ細部に渡るまで詳細に思い描けるのか、

そういう能力・才能がきっとあるのだろうなと思っています。

 

歴史を紐解いてはそういう事例は数多あって、

最初に、途方もないほどに大きな夢や目標を掲げておいて、

そして、それに一心不乱に向かっていくことで、

世の中の変革すらも起こしているわけですね。

 

宇宙に行く、空を飛ぶようなことの枚挙に暇はなく、

意識の仕方や想像力の働かせ方など、言い方も多そうですが、

最初の、未来を見る、頭の中に何を見るかの差が、

現実になるかどうかであったり、その大きさだったりします。

 

このあたりの、意識/無意識に関わる話題は、

今後も、何度となく繰り返してしまいそうですが、

それだけ重要であると同時に、なかなか会得しにくいわけで、

今後も、自分自身になじませるようにやっていきたいと思います☆

 

 

*シェアはこちらから*