寛容な気持ちを絶えず持ち合わせるということとは別に、

どうしても相容れない、苦手だなと思うことはあるものです。

 

目に見えて、身なりが清潔でないとか、異様な様子であれば、

遠目にも回避できそうですが、実際に対峙して、

そこで気がついてしまうことは、なかなかに悲劇でもあります。

 

たとえば、香水を全身に行き渡るようなくらい過度に振りまいていると、

良い香りと感じる以上に、「臭い(くさい)!」となってしまって、

鼻がひん曲がってしまうような心地にもなるものです。

 

芸能人とかアーティストで"ただならぬ者"を演出するならまだしも、

市井の人で、実際は鼻で感じるのですが、こういう人を見かけると、

もしかしてこの人は自信がないのかな?なんて思ってしまいます。

 

自分の自信のなさ・少なさを、香水や服装なので補おうとする、

結構無意識的なところでやっているのかもしれないわけですね。

 

すると、こちらも鼻で呼吸をしないようにすれば鼻にかかった声となり、

お互いに、気になるところがある同士で、対峙し続けるはめとなります。

 

ただ、香水をつけるのが良くないと言いたいわけでもなく、

雨や湿気の多い日では、より香りが強くなることもありますから、

何事もほどほどが肝心ということかもしれません。

 

少しずつシュッシュと吹きかけるのが増えてしまうのは、

心がけでどうにか処することのできる問題ですからね。

 

また、癖や知らず知らずやってしまうようなところで、

香水以外でも気になることのいくつかはあって、

視線が妙にキョロキョロして正視できなかったり、

まばたきをする時に白目になるような不自然さだったり、

こちらも落ち着かないような気持ちになることがあります。

 

いわゆる「目は口ほどにものを言う」ように、

心理状態が目に如実に現れてくるものですから、

目の動きがそのまま相手にも影響してしまうので、

これは、自分自身も気をつけたいところです。

 

あとは、足を組むとか、独り言、貧乏揺すり、

爪を噛むような類のことは苦手な方に入ります。

 

このあたりは、好かれないまでも嫌われないために欠かせなく、

それだけに意識して、やらないとか改善するとかの心がけが必要です。

 

こういう感覚をお互いに持ち合わせて、言い合えれば良いものですし、

それぞれに適した優雅な振る舞いができれば、より良いのだと思います☆

 

 

*シェアはこちらから*