このところは、夏の終わろうとする頃、

9月に入ったあたりから突如として切り替わり、

「ハロウィン(HALLOWEEN)」の文字やオレンジ色のいろいろが、

あちらこちらからと目に飛び込んでくるようになります。

 

実際には10月31日に行う祭りのひとつではありますが、

かなり早い段階から期待感を高めているものです。

 

参考までに、期限や発祥をたどってみると、

紀元前1500〜1000年あたりの古代ケルト民族に行き着き、

悪霊退散や五穀豊穣の習わしとして、根づいているものになります。

 

地域的には、中部〜西部ヨーロッパにまたがるようなところから、

アイルランドやスコットランドに伝わり、やがてアメリカへ渡り、

それが今では、日本でも近年盛り上がりを見せているわけですね。

 

ケルト民族の暦が10月31日で区切りを迎えること、

先祖の霊が現世に戻ってくると同時に魔女や悪霊も来ること、

日本でいうと、お彼岸みたいなものなのかもしれません。

 

夏の終わりを知らせ、冬のはじまりを思う、

盛大に祝う側面があるのと同時に魔除けの意味もあって、

そういう意味では、緊張と弛緩というか、

一旦は騒ぐけれど、それは脇を締めるためという、

両方の意味合いがあるところが興味深く思います。

 

そもそもはカボチャでなくカブをくりぬいていたらしいですし、

アメリカでは、子どものためのパーティーみたいなもので、

近年の日本では、百鬼夜行さながらのコスプレ合戦となっています。

 

長い時間を経て海を渡るごとに、また異なる文化圏に伝わるたびに、

解釈や表現の仕方が、随分と様変わりしているのが、

ハロウィン独自の変化の具合とも思うわけですが、

時々は、多少なりとも起源にさかのぼるのも良いような気がします。

 

そして、宗教的ではない、極めて個人的なことにではありますが、

例年、この時季であったり、まさにこの日であったりしても、

特段ハロウィンには便乗しないということを信条としております。

 

ハロウィン自体がどうということではなくて、

単に、大切な人を偲ぶそれだけの日だけのことです。

 

そういう意味では、街に繰り出すコスプレ集団を横目で見る程度、

この時季が訪れるのを気づく、きっかけのひとつであるわけですね。

 

「H"A"LLOWEEN」でなく、「H"E"LLOWEEN」の方では、

それなりに馴染みがあるものですが、それはまた別の話になります☆

 

 

*シェアはこちらから*