たとえば、年齢が一緒であるということだけで、

それを口実に「タメ口」を提案してくる人がいます。

 

それが親しみやすさを表し出すものだとか、

お互いの距離を縮めるのに有効であるとか、

そのように考えているのかなと推察します。

 

自分は、人との間合いが遠いところがあって、

どこまでも「親しき仲にも礼儀あり」派なので、

知り合ってから結構早い段階で提案してくる人は、

ほとんど脊髄反射的に信用しないことにしています。

 

提案を聞かないまでも、そういう雰囲気を感じるだけで、

あまり良からぬ"しこり"みたいなのが生じるので、

心理的かつ物理的にうんと距離を置くこともあって、

すると、どういう意図でそれを言っているのか、

もうその時点では聞く由も何もないわけです。

 

あまりしたくはありませんが、後学のために、

我慢できる範囲で、それの理由を聞き出すくらいのことは、

今後は何度か試みてみるのが良いかもしれませんね。

 

それを感じるのはなぜか、さかのぼって考えてみると、

特に学校においては、"同じ学年・同じクラスだから"という、

それだけの理由で、絶対仲良くしなければいけないこともないので、

何をかわかりませんが、あまり信用を置いていないのはありますね。

 

それでも、それがきっかけのひとつであることは確かなので、

決してそれ自体を否定するものではありません。

 

あとは、最初はあいさつ程度からはじまって、

天気を話題にして、次はどうしようといった具合に、

次第にお互いの距離を縮めていくわけですが、

それでも、埋まらない距離感というか、

遠かれ近かれ、ちょうど良い距離感というものが、

自然と図られているような気がします。

 

お互いが興味を持つ話題の多様さもありますが、

心の開き具合での段階の方が、もっと切実で、

「ここまでは言う、ここまでは言わない」というような、

何かしらの線引きを行っているような気がします。

 

どうしても表面的に滑るようにして話が進んだり、

言っていることと思っていることが異なったりするような、

どうにもかみ合っていないことも多いわけです。

 

それでも、何も言わないでいては何も伝わらない、

自分が黙っていては、距離を縮めるような機会も訪れませんから、

何かしらは発信して、自分の内面の一部を知ってもらう、

言葉遣いよりも大切な、思いが届く方が良いわけですね☆

 

 

*シェアはこちらから*