思うがままに、言いたいことを言いたいようにして、

アイディアは出る、それに連なる言葉も出るとあって、

日々の更新を続けること自体の負担みたいなものは、

それほどまでに大きいものでもありませんが、

そのうち、急に終わるかもしれませんし、

更新の頻度なのか、一回あたりの分量なのか、

力の入れ具合を格段に落とすかもしれません。

 

何回も回を重ねつつ、半年とか一年とかすれば、

周辺の何らかの状況も変わるでしょうから、

どうなるかの実際はわからないものです。

 

これはまた、後ろ向きなことでもなくて、

決して言い訳を述べたいわけでもなくて、

そういうこともあらかじめ含んで考えておくことが、

土壇場になって慌てふためかないということになって、

ある意味では、それ以上のリスクを回避することにもなるので、

前もってできることがあるのならやっておくに越したことはない、

単に、そこに終始するだけのことのように思います。

 

「期間限定」みたいな文言に弱いのは世の常ですが、

これもまた、いつまで続くわけでもないことを、

一方では貴重に思い、もう一方でははかなく思う、

その深刻さに程度は、人それぞれにあっても、

似たような反応が、静かに起こっているような気がします。

 

大きく言えば、人の命もいつかは終わりが訪れるものですから、

書き記したものが留まるということはあっても、

いつまでも新しいものが出てくるというものではないのです。

 

近年は、その人の生きる、その生き方のことを、

「生き様」ということが増えてきていますが、

武士の世界では「武士道とは死ぬることと見つけたり」と、

死ぬことをしっかり考えてこそ、今の生きることが定まるということで、

「死に様」が見事であるかどうかという価値判断があります。

 

あるいは、死ぬる人の棺桶の蓋が閉まって、

その人の人生がどういうものであったのか、

評価されることで完結するようなこともあって、

その意味では、生きているうちの言動や功績が、

どれほどまで積み重ねられたかが問われているわけですね。

 

はじまりがあれば終わりはあるものですが、

最初から終わりばかりを思うのもナンセンスなので、

いろいろな力の限り、まずは続けていくことを選びます。

 

さて、今後はどうなっていくものか、皆目予測不能、

その成り行きをそれなりに見てもらえたら良いなと思います☆

 

 

*シェアはこちらから*